★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
【株闘漫義016】株式投資における真の課題
ボウリングをやってると、マイボールをいくつも作ってる人をみる。
ボウリングはオレを裏切らない。
自分は大して上手くないから、
レーンコンディションのこととかよくわからないが、 
オイルのノリに対応できるだけのボールが必要なのだという。

モンハンでいえば、属性別の武器を揃えるようなものか。
そうだとすれば、まぁ理に適ったハナシだと思う。





けど、多くの人は、思ったほどスコアが出なかったりすると、
ボールのせいにする。
ボールを選んだのは自分なのに。
いいスコアが出たときは自分の腕で、出なかったときはボールのせいだ。

表に出して怒ったり、愚痴ったりしてるのをみると、
他人事ながら結構恥ずかしいかんじがする。
泰然自若
あまり気持ちを表に出さない自分も、内心そう思ってることがある。

もうおわかりだと思うが、株の銘柄選びだ。




銘柄は口を利かないから、すべては自分の選択にかかっている。
資金の大小を度外視すれば、5000近くの銘柄から選べるのだ。

選択方法については、自分なりに修正を重ねてきた。

割安なものを仕入れる
 スクリーニングで、PERの低いものを選んだ。
 ただ、安いものは、ずっと安いままのこともあり、
 業績と株価が仲良く下がっていくこともしばしばあった。

花咲かす日も来るのだろうか・・・




成長性が見込めるものを安く仕入れる
 「安かろう悪かろう」ではハナシにならないので、
 東証一部とか、直近3年間、二桁増益とか、
 それなりに内容の良さそうなものの押し目を狙うことにした。
 ただ、値頃感で買った結果、ショック安で痛い目をみることになった。

アステラス!コアのチカラをみせてやれッ!!



トレンドにあったものを、タイミングよく仕入れる
 ・・・実際は、それができたら苦労しない。
 セクターや値動きが異なる銘柄で、
 ポートフォリオを組み、ダメな時は10%下落で損切りとか、
 ルールを決めてトレードしてみた。
 確率の問題と思い、手数を増やしたりもしたが、
 基本、下降トレンドであったため、
 手数を増やせば増やすほど、損失が膨らんでいくことになった。
イキナリ、ダブられ〜



安定感の高い銘柄でポートフォリオを組む
 財務的に安定しているものを、組み合わせ、
 派手に売買しなくてもいいようにした。
 景気の回復にしたがい、株式資産も回復に向かった。
・・・ビルダップ!
 中でも最悪期を脱した不動産株は、大きく貢献したが、
 上場廃止になるものも多々あり、運が良かっただけかもしれない。
 実際、J-REITではババを引いて、投売りすることになった。



・・・で、結局、何がいいたいのかというと、

資産運用における真の課題とは、
「収益率を増大させる(低い価格で買って高い価格で売る)」ことではなく、
収益増大に結びつくようにリスクをとり、それを管理することである。

             (チャールズ・エリス「敗者のゲーム」より)



それにしても;

引用でまとめるのは、反則な気がしないでもないが、
全くもっともで、コンパクトにまとまっているので、ありかと思う。

蛇足になるかもしれないが、付け足すとすれば、
ポートフォリオの管理とともに、
自分の感情もコントロールする
ことだ。

自分の投球フォームの修正を棚に上げて、
ボールを変えているようでは、スコアが出ないように、
長く低迷していたトヨタ(7203)を、
「買値に戻ったから」という理由で精算しては、利益は出ない。

続きを読む >>
| 【株】闘漫義(漫画) | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
【株闘漫義015】温故知新

【前回までのあらすじ】
タイムマシン(参照専用)で過去をのぞいてみたら、
下手なナンピンを継続しながらも、
バリュー投資をかじり始めた、株闘ビギナーの自分がいた。
⇒「前回





そもそも、なにがマズかったのか?




この機会に考えてみよう。



長期ホールドとか、
損切りしないとか、
基本の考え方は変わってない。

イマとカコの差はなんだろう?


⇒「当時のブログ記事

この本は今でも、いい本だと思う。
でも、味のラインは好みなんだけど、
深みとかコクといったものがない。
もっと厚めの洋書も読むべきだった。






それなりに感銘を受けた教えに従い、
実践してみる。
・・・このアプローチは悪くない。



ただ、爆弾(IT系新興株)を抱えて、
戦線を広げていくのはマズい。

整理しないと、管理できなくなるし、
ナニやってるかわからなくなる。


・・・自分が思うほど、自分は
大したヤツじゃないんだよ。




そして、
ラッキーを実力と取り違える。

これが、最凶にマズい。




イクときゃ、イクよ。
すごく、あっさり。
クリード消ゆ

これからより知ることになるだろう。
自分のショボさ、この世界の脆さ。




その理解度の差が、イマとカコ、
イマとミライの差のような気がする。





・・・なんとなくまとまった;
・・・気がする(自己完結)。

| 【株】闘漫義(漫画) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
【株闘漫義014】2011.01.30 → 2006.03.10

【前回までのあらすじ】
タイムマシン(参照専用)で過去をのぞいてみたら、
下手なナンピンが成功して、
よりデカいリスクをとってしまいそうな株闘ビギナーの自分がいた。
⇒「前回



==============================

おろ?焦点が変わった。
フォーサイドはナンピンしない?

自然堂が、仕手(当た)ったからか?





・・・こいつも、こいつなりに、
なんか考えてるんだな。
まぁ、損したいわけないし。
・・・そもそも、自分だし!




・・・

急にまともそうな銘柄を!



(負の資産を抱えつつ、)
・・・まっとうな投資に開眼?!



==============================





・・・。

・・・毎週この調子で続くのかな;
オチとかつけられなくなるぞ、コレ。


【参考資料】
⇒「
当時のブログ記事

  
続きを読む >>
| 【株】闘漫義(漫画) | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
【株闘漫義013】2011.01.23 → 2006.03.05

【前回までのあらすじ】
タイムマシン(参照専用)で過去をのぞいてみたら、
下落し始めた新興株をナンピンしている、自分がいた。
⇒「前回



==============================

あら?意外な展開。

ナンピン成功じゃん。




・・・。

ただのラッキーだから!
・・・勘違いすんな!




う;





==============================




・・・。

・・・次の展開、読めてきたわ;


【参考資料】
⇒「
当時のブログ記事

 
| 【株】闘漫義(漫画) | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
【株闘漫義012】2011.01.16 → 2006.02.20

【前回までのあらすじ】
タイムマシン(参照専用)で過去をのぞいてみたら、
絶頂期の新興株を嬉しそうに買う、株闘ビギナーの自分がいた。
⇒「前回



==============================

ほらー、言わんこっちゃなーい、、




・・・。
(さすがに、コタエてるな)

・・・まぁ、いい勉強になっただろ。



へ?




==============================




・・・。

・・・勉強になるね。



【参考資料】
⇒「
当時のブログ記事

| 【株】闘漫義(漫画) | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/5PAGES | >>