★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 【Oracle】SQL*Plusでタブ区切りのCSVを出す方法 | main | 好発進 >>
僕の注目銘柄 2011/01/03
「帰れま10」という、タカ&トシが、外食チェーンの
人気メニューのベスト10を当てる
クイズバエラティを観てて思ったのだが、
上がると思って選んだ銘柄も、
上がる(正解がコールされる)まで全然信じれないものだ。

現在の自分が、自信満々に銘柄を挙げてみても、
どうせ、大した効果はないだろうし、
上がった(正解が出た)後に、
「オレ、ソレくると思ってたんだぁ〜」というのは、
後出しジャンケンみたいで非常にカッコ悪い。

ミル

正月に見つけた、とっておき銘柄はコレだ!

エムティジェネックス(9820)

 PER :7.67倍
 PBR :0.98倍

 配当利回り:3.08%



市場は、ジャスダックだけど、森トラストの傘下で
信用力は問題なさそう。

事業内容は、
住宅・オフィスビルなどのリニューアルを主力にし、
駐車場の受託運営管理など地味なことをやっている。
J-REITや不動産関連に勢いがついてきた
今日この頃、この地味さには安定感すら感じる。

2010年は、
年初来安値が100円。高値が164円で、
現在、130円。

自分は少し様子を見てから乗るつもりだが、
130円はそう手を出し難いところでもない。

また、1000株単位で、
発行済株式数、10,796,000株(浮動株26.0%)。
流動性は低いが、低位株だけに上げたときはデカそう。
堅くいくことと、ボラティリティを狙うことが矛盾しない?
なかなかの穴銘柄かと思う。

以上、投資判断は自己責任で!
| 【株】僕の注目銘柄 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/745
トラックバック