★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< PF状況 09/27終値時点 | main | PF状況 11/02終値時点 >>
この暴落、むしろチャンスまである

27年ぶりの高値更新と叫んでいたNKについて、

1ヶ月も経たないうちに悲観論が渦巻いている。

 

PFも連日年初来安値を更新しているが、

勝負事というのは、

勝利のイメージを描き続ける限り、

諦めない限り、チャンスはあると思う。

 

これまでの経験とCP(キャッシュ・ポジション)

からしたら、今はまさにチャンスと思っているし、

そういう視点を持ち続けることが、

勝利を手にする絶対条件のようにも思える。

 

「こういう展開でこそオレは燃える奴だったはずだ…!!」

三井寿(スラムダンク)

 

あまり練習してなくても、闘志さえあれば、

かつての栄光(経験と自信)で

フィニッシュに持っていける可能性はある。

あまり勉強していなかった、

先週の情報処理技術者試験でもそのことを体感した。

 

シンクロ・フード

エリアリンク

エプコ

 

視野はそんなに広げてないが、

今はちょっと気になった銘柄の値動きを注視している。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘記録(実践) | 11:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:11 | - | - |
コメント
なんでそーなるのーw気をつけなはれやー。

あくまで個人的見解ですが、今の状況はまさにバリュートラップ、相場が天井圏から転換するとき、企業業績が堅調なのに株価調整の方が早いから、すごく割安に映るというやつなんじゃないでしょうか。10年位前にもありました。NKの1万円前後とか買い向かって痛い目みませんでしたか?w逆張り個人投資家が大挙してきて玉砕したのを覚えています。
暴落ムードだけれど、ここ10年の相場水準からいったらまだ高値圏もいいところで、序の口のような気がします。大相場が転換するときは、いつも急転直下、天国から一気に地獄というパターンが大半です。いわゆる第4ステージですね。心理的に逃げ遅れるべくして、ハマるべくしてハマるようになってます。
もちろん確証などありませんが、今回もお約束どおりみんな甚大な被害を蒙りながら退場していくでしょう。わかっちゃいるけどやめられない。投資家にしても経営者にしても、何度繰り返しても、心理の罠から抜け出せない。
バリュー(価値)で考えられる局面は限られています。基本、トレンド(波)で考えなくては株では勝てないと思います。
| tmnrh | 2018/10/29 4:52 AM |
tmnrhさんのおっしゃること、ごもっともです。
ハワードマークスの新作でも読んで
市場のサイクルについて考えてみようと思います。
| fhiyoshi | 2018/11/04 3:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1444
トラックバック