★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< PF状況 08/31終値時点 | main | PF状況 09/27終値時点 >>
41を過ぎて

41にもなってクラロワをやっている。

悲観的な言い方をすればそうなるが、

間違いなくハマっている。

 

2005年から毎月更新していた

このブログも、2018年8月はついに0更新。

スマホでなんかちょっと更新すればよかったのを、

クラロワでもやってたのだろう。

 

それがなんになる?ってことは多いし、

結局全部

それがなんになる?ってことなのかもしれない。

 

思春期の頃、必死で考えていたが、

生きることの意味っていうのは、

自分で探すしかなくて、

これといったものが見つからないままきたのが今。

悲観的な言い方をすればそうなると思う。

 

常識とか社会通念とかに縛られて、

ムダに悲観的になって自分を追い詰めるのはムダ。

結局人生は自分のためにある。

世の中とか社会貢献とかいうのも、

突き詰めると、より高次の、

大きな自己満足があるからやるんだと思う。

 

自分の幸福の延長線上に、世界の幸福があると思う。

世界平和のために犠牲になること、

社会や会社のために奉仕することが

正しいことのように捉えられがちだが、

それは本人の意思があってはじめて幸福になる。

奉仕することが義務になったら不幸だ。

 

最近あまり本を読まなくなったが、

「幸福は義務の甘受の中にある」という

サン・テグ・ジュペリの言葉は至言だ。

 

日々の生活を営むために、

社会を持続するために、

やらなくてはいけないことはある。

多くの場合、それは仕事だろう。

ただ、そこに、

自分が生きる意味、生きた証、

人生の誇りとなるような何かを

重ねられる幸福な人は、案外一握りで、

皆、そうなれるように

仕事に励み、スキルを磨き、

時には転職を選択するのかと思う。

 

結局ずっと縛られる。

 

呪縛からの開放を求めて、

投資をしたり、

ゲームに逃避したりもするが、

それらも一筋縄ではいかず、

結局そこで成果を出すことに

縛られることになる。

 

もがき、あがき、苦しみなどと、

折り合いをつけながら自己満足を高めていく。

 

人生というのはきっと

そういう類のゲームなのではないかと思っている。

 

| 仕事と幸福、そして、人生について | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:08 | - | - |
コメント
お初にお目にかかります。Shimaと申します。
KASさんのサイトの更新情報から飛んでまいりました。

クラロワの文字が見えたので思わずコメントしてしまいました!
投資ブログの中でクラロワの文字を見るとは思いませんでしたw
私もハマっております!戦略性があって楽しいですよね。。。

私もよく後悔しますが、気づくとまたクラロワやってたりします。中毒ですね・・・。
なんか何のオチもないのにすみません。
突然失礼しましたm(_ _)m
| Shima | 2018/09/20 10:25 PM |
Shimaさん、コメントありがとうございます!

ポートフォリオもクラロワのデッキと似た感覚で、
気に入ったものを厳選して、
自分なりのポリシーの下、
ある程度集中することが必要と考えています。

オチはなくてもコメントもらうと嬉しいので、
今後ともよろしくお願いします!
| fhiyoshi | 2018/09/23 3:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1442
トラックバック