★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< シュール・レアリズム | main | クラロワに学ぶ >>
今年の目標が酷すぎた

今週は仕事に追いまくられた感が酷かった。

結局今の仕事は、自分がやりたいものでないから、

こんなにも心が疲弊するのだろう。

食べようと思えば、食べられるが、

ものには限度がある。

あれもこれも詰め込まれて、残業はNG。

できないのはPS不足と切り捨てられるムリゲーだ。

心を病む人は弱いと思うが、理解できる。

 

年始に書いた、今年の目標を読み返してみた。

 

前年のマイナーチェンジで、

クソな目標にしか思えなかった。

 

惰性で続けられるようなことをわざわざ設定して、

達成できるところに置きに行くような、

サラリーマンぽさに苛立ちさえ覚えた。

 

このままだと、年末になって、

「DB落ちました。反省してます。来年頑張ります」

みたいな、特に次に繋がるわけでもない、

ありきたりな振り返りを書くのが関の山だ。

 

そして人生が終わるまで、それを繰り返す。

 

そもそものところで、

人生の目標を喪失しているのが不味い。

資格とかブログとか

それ自体が主になるようなものじゃない。

サラリーマン生活に人生を投げ捨てる前提で、

すべての行動が既定されている気がする。

 

投資にしてもホールドするだけ、

積み立てるだけ、そんなの目標じゃない。

 

特に贅沢するわけでもなく、

使い道も決まってないカネを

いくら貯めようと思っているのか?1億?

あと何年生きるつもりなのか?50年?

 

仕事も投資も、ただ惰性でやってるだけ。

まったくナンセンスじゃないか。

 

クラロワで言ったら、エリポン立てて、

それを守るためにユニットを出し、

また、エリポンを立てる。

エリポンを立てるのが目標になってるカンジ。

 

もうそろそろ本当に生きたい方向に舵を切るべきだ。

だが、生きたい方向がよくわからない。

 

毎週この時間は、ブログを書きながら

他ならぬ自分の人生について考える時間にしよう。

 

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 仕事と幸福、そして、人生について | 16:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:28 | - | - |
コメント
こんにちは。

う〜ん、深い悩みですね。

記事中にもあるように、使い道が決まらないと、
いくら資産を増やしても手段が目的になる感じで、
あまり意味がない気がします。

ま、自分が好きな小説で、銀河英雄伝説がありまして、
ヤン・ウェンリーのお父さんが、
「お金があれば嫌なヤツに頭下げずに済む」みたいな
こと言っていて、この言葉 凄くよいと思ってます。

なんで、まずは生活防衛&余裕資金として資産を増やしつつ、
これという使い道や目的が見つかるとよいですね!
| かぶゴリ | 2018/05/20 5:27 PM |
かぶゴリさん、コメントいただきありがとうございます!

おっしゃるとおり、現状はサラリーマンを辞めても生活できるように資産を蓄えている気がします。

でも、そう考えると、なんかおかしい気がしてくる。
人生の目的や目標みたいなものが確りないのが不味いのかと、この歳になってようやく気付いた次第です。

かぶゴリさんのように家庭があれば、
「家族のために頑張ろう!」となる気がしますが、
自分は独身なので、就活してた頃に戻って、考える時間を増やそうと思います。

| fhiyoshi | 2018/05/20 6:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1435
トラックバック