★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< PF状況 03/09終値時点 | main | 損失が膨らんでるときに思うこと >>
PF状況報告は月次にします。

今年に入ってから毎週、PFの状況を更新していたが、

売買をしているわけでもなく、

ただ、ホールドしているだけなので、

週次でやることでもない気がしてきた。

 

月次に切り替えることにする。

月末跨ぎの日曜に更新しようかと思う。

 

ちなみに今週は前週比5.8万マイナス。

 

先週出た四季報をみると、ピープルがやや弱く、

それがPFに占める割合がデカいのが効いてるようだ。

 

夢真は好調そうだが、金曜は6%近く下げた。

ボラティリティが大きい銘柄であるとは思うが、

業績連動で上昇していけばいいと思っている。

 

インデックス投信積立は地味にやっていく。

先進国株と新興国株を月7.5万ずつ。

こちらは、IDX21で毎週更新する。

コツコツ積み立ててる感を盛り上げるためだ。

 

DCで海外リートを月2.5万ずつ積み立てているが、

こちらは本当に地味なので放置しようと思う。

 

PFの状況報告をやめた代わりに、

他のカテゴリを週替わりでやっていこうと思う。

クラロワ系YouTuberの動画とか観てて思ったのだが、

クラロワでさえ、あれだけネタがある。

ブログを更新する習慣さえ確立できれば、

記事を量産すること自体は可能なのかと思う。

 

注目銘柄の紹介と、その研究を軸にしていきつつ、

本のレビューや、

本の中にある、理論っぽいネタについて、

現在の相場環境を絡めて考察する、

ほぼ、これまでの構成を繰り返すのかと思う。

 

ずっとやりたがっていた、漫画・イラスト系の試みは、

ゲームブログでも立ち上げてやればいい気がしている。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】ブログ | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1429
トラックバック