★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 立川一さんZAiオンラインで連載開始 | main | 天井圏? >>
不惑じゃない
今年は株もまぁまぁで、配当こみで5%くらいプラス。
仕事も死ぬほど忙しくもなく、まずまず健康。
資格はシステム監査技術者に一発合格し、目標達成。

全体的にぼちぼちいいカンジではあるが、
今月ついに40になる。

このまま人生が流れていくことについては、
どうにもしっくりこないものがある。

自ら定めた人生の目標というか、
それを実現した達成感みたいなものは特になく、
ただ、状況に流されてここまで来たからだと思う。

学校の勉強は基本、怠けていた。
ゲームしたり漫画を書くのが好きだった。
浪人して大学にうかった。
手に職をつけようとSEを志し、
まずまず安定した会社に入った。
情報処理技術者試験という国家資格に挑戦し、
最難関と思われる3区分に連続一発合格した。

ここらで人生のハイライトがまとまってしまう。
大半の人は20代から35くらいまでに
頭角をあらわすらしいから、もう終了なのかもしれない。

でもこれじゃちょっと虚しすぎる。
この虚しさはきっと、
ここからが本当の自分の人生の始まりなんだと訴えている。

独身だし、経済的な貯えもできたから
正直もう会社に人生を捧げるのは無駄だ。
情熱を注げない仕事を惰性で続ければ
貯えは増えるが、増えてどうなるという水準にきた。

これといった物欲もなく、
生活レベルを上げたいという欲求もない。

これが自分のライフワークと誇れるものをつくりたい。
情熱を注ぎたい。

じゃないとまともに生きられないし、
生きてる意味を感じられないだろう。

自分の好きなことは何なのか?
就活学生に戻ったつもりで考えてみよう。
| 仕事と幸福、そして、人生について | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1387
トラックバック