★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 豊かな日々への階段を | main | 含み益拡大 >>
メリンガータ
ここ最近で一番おいしかったのは、
くら寿司がクレジットカード対応したのとあわせて、
楽天ポイントで決済可能になったことだ。

ここ数回ポイントで食事代を浮かせている。

優待で食費を浮かせる感覚がなんとなく分かったが、
実際に味わって見ると、結構普通である。

自分はそのくらいの恩恵を受けて当然の
消費を重ねてきただけのことだ。
お得感はあるが、別に得してるわけではない。

お金についても段々認識が深まってきたのだが、
全ての貸借はバランスしている。

大金を得るためにはリスクを採る必要があり、
大損する確率も増す。

ただ、そこまでして一攫千金を狙う必要があるかと言えば疑問で、
ザッカーバーグやベソスと自分の暮らしぶりには
保有資産のスケール程の差はないのではないかと思う。

百億持ってるとかいうデイトレーダーのcisさんは
スマホのドラクエにハマってるようだし、
仮に自分が百億持っていても、
とりあえず会社を辞めるくらいしか想像できない
(おそらく毎日が日曜日になる感じだろう)。

落ち着いて考えてみれば当然のことだが、
億り人になった瞬間、全てが変わるはずもない。

まずはビジョンを描く方を優先して、
ソフトランディングでも
確かな進捗が見込めるプランを練りたい。

きっとそうこうしているうちに、日々は過ぎ去る。
ただ、とりあえず会社を辞めて、
人生の夏休みに突入したら何も考えなくなるだろう。

自分の場合、試験勉強をしているときは、
受験が終わったら何をしようかと考えても、
実際に受験が終わっても何もせず、
ただ、時が過ぎ去るだけだ。

本を読んで心に何かが芽生えても、
大概、水はやらずに枯らしてしまう。

少しでも夢中になれそうなことがあれば、
まずはやってみるのがいい。
やらないうちから、くだらないと決めつけるよりは
やってみて、やっぱりくだらなかったと言い、
それを繰り返すうちに、自分が面白いと思うものを
創ってみようという気になるかもしれない。

少し寝ぼけたことを思いついた。

別の世界ではそこそこ名の知れたアーティストになった自分が、
何故かこの世界ではサラリーマンをしている。

トランプが大統領になった世界は案外悪くないと思うから、
この世界で自分が変わるのがベストなんじゃないかと思う。
| 仕事と幸福、そして、人生について | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1384
トラックバック