★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< サラリーマンSEが求めるブログの検討2 | main | メリンガータ >>
豊かな日々への階段を
トランプ政権がロシア政府とグレーな関係にあるとかないとか、
スキャンダルにつけこんだ空売りが仕掛けられ、
実際に株価は下げる。

正直者が馬鹿をみるというのは間違いで、
勉強不足、経験不足、想像力不足、
そうした事態に対処する力不足が原因だ。

株の勉強を毎日しなければいけないというわけでもない。
リスク資産を持たないという選択もある。

ただ、個人的には、
リスクを警戒するあまりリスクをとらないこと、
そうした姿勢自体は大きなリスクだと思う。
「避けて通る人生なら論外」という認識だ。

ただ、基本的に自分は怠惰な生き物だ。
面倒くさいことはできるだけやりたくない。

株の勉強は面倒くさいだろうか?

資産が増える喜びを味わえば、楽しいはずだ。

インセンティブによってモチベーションを高め、
勉強を習慣にできるシステムを作るのだ。

自分は独創的な個人技で道を切り拓くことを夢見ているが、
それはきっと、ホームラン王や
スリーポイントシューター、
フリーキックのスペシャリストに憧れる子供と同じだ。

花形ではあるが、ゲームの構成要素の一部に過ぎない。

しっかり守備を固めたり、パスを正確に繋いだり、
地味で基本的なことの積み重ねと、
精度の向上が、花形部分を輝かせるのだ。

ストップ高とか、テンバガーとか、
確かに華があるし、羨ましい限りだが、
それは自分じゃない。
他人の芝だから余計に青く見える。

誰しも悩みを抱えている。
ホームランは多いけど、点とられ過ぎとか、
ストップ高の翌日にストップ安とか。

サラリーマンなら安定的な収入とか資格とか、
ビジネスなら安定的な需要とか
ストック型のビジネスモデルとか、
スポーツなら絶対的な勝ちパターン。
まずは安定感を高めるのが基本だろう。

そうした状態を意識して、行動して、
結果が出てくると、どんどんやりがいが出てくる。

目標に向かって、地味な日々の積み重ねを楽しめるようになる。

しばしば行動が伴わず、
サボりまくってしまうことがあるが、
それはきっとインセンティブが足りてないから。

自分は怠け者だが、文や絵を書くのは好きだ。
ブログを書いたり、ツイートしたり、
他人のブログを読んだりすることで、
自分が本当にやりたいこと、
自分がなりたい姿のイメージを更新する。

イメージして行動すれば、確実に変わる。
自分が無理していると感じたら、休もう。
原因を考えて、軌道修正するのもいい。
ゴールにたどりつくためにはマイペースしかないし、
ゴールを決めるのは自分だからだ。
| 仕事と幸福、そして、人生について | 20:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |
コメント
いい文章ですね。共感できます。
自分なりに自分だけのことをして、自分のものを創っていく、それには安直だけれど、成長株でいうところの業績の裏づけというか、スコアのような評価が燃料として必要になると。
ヤル気の増減がぼくたちを最終的にどこに運んでいくかは謎ですが、チャートパターンのように統計的な、意外のようでいてリアリティのありそうな場所にいく気がします。
あとでチャートになった軌跡を俯瞰したとき、「こういう人生だったんだね」みたいに簡略的に理解されることに不満しかないようでも、きっとそういうことで「大体あってる」という話に落ち着くような気がします。
だから、本当に大切なことは、どこまでも自分の手ごたえとか、自分だけの感性による快感とか旨味の発見とか、そういう自己満足なんだと思います。で、それをわかりやすくするのがインセンティブと・・・話が回っていくわけです。ぐるぐる。
| tmnrh | 2017/05/20 1:07 AM |
tmさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

まとめサイトに載るには、
なにかしらの実績や結果が必要ですが、
別にまとめサイトに載りたくてやってるわけでもない。

当然、勝つため、目標達成に向かってやっているのだけど、
最終的な目標は自分が設定するもの。
だったら、自分のスタイルやシステムにはこだわりたい。

結局、その時点でベストと思える選択の積み重ねが、
自分になっていくと思います。
小刻みな目標を設定して、達成感を得るという、
想定内のイベントに加え、
新たな発見とか、閃き、閃きを実践に適用した成果、
自分らしさを盛り込めれば、充実感は一層アップすると思います。



| fhiyoshi | 2017/05/20 9:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1383
トラックバック