★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< サラリーマンSEが求めるブログの検討1 | main | 豊かな日々への階段を >>
サラリーマンSEが求めるブログの検討2

このGW中の成果物とでもいえようか。

 

また新たなブログを立ち上げた。

 

サラリーマンSEの勉強ブログ

 

サラリーマンによる、サラリーマンのためのサイト。

みんなに求められる、人気コンテンツ。

みたいなのを夢想していたが、結局こじんまり纏まった。

 

これまで続かないブログを立ち上げ続けてきた経験から、

ブログというものは、WebLogなわけで、

「続けられるフォーマット」であることが最重要と認識した。

 

「観られる」「みせる」ということも意識したが、

人の嗜好はそれぞれだし、

「他人に合わせて面白いものを創ろう」という発想で、

面白いものが創れるわけがない。

 

自分が面白いと思うことを続けること、

そんなに面白くなくてもいいから続けること。

 

ブログの読者の立場からすると、

立ち食い蕎麦屋のように

「やってること」「続いてる」ことの方が大事だ。

 

面白いのを求めるんだったら、

ゲームなり映画なり、いくらでもあるわけで、

地味な他人の営みとか、少しためになる情報とか、

立ち食い蕎麦的な地味なのを求めているのだ。

 

漫画は自分がなんとなくやりたかったが、

逆の立場だったら

「別に漫画を読みに来たわけじゃない」

と思う気がするので、

フォーマットとして"漫画ありき"にするのはやめた。

 

タイトルも、客観的にはシケてると思う。

"勉強ブログ"というのも食欲をそそらないが、

"サラリーマンSE"というのも、

「サラリーマンじゃないSEなんているの?」ってカンジだ。

 

でもそれでいい。

"勉強ブログ"は抽象的だけど分かりやすいし、

"サラリーマン"とつけると、親近感がわく気がする。

 

目的もシンプル。

"資格試験の勉強のモチベーション維持"という、

至って個人的なものだ。

 

記録するとやった気になるし、達成感がわいてくる。

 

至って個人的なプロセスを公開することで、

「合格に必要な勉強の質と量って、こんなんもんなんだ」

というのがリアルに伝えられると思う。

 

対象資格は、情報処理技術者試験とTOEICに絞ったが、

ブログランキングとかをみると、

日商簿記もニーズがありそうだったが、

キャパは限られてるので、

TOEIC800点超えるまでは手は出さないでおこうと思う。

 

とりあえずまぁ、SEというからには、情報処理技術者試験だ。

いまブログランキングを観てきたが、

"全区分制覇"という野望は掲げた方が面白いだろう。

ブログランキングには既に達成してる先人もいるが、

コンテンツとしては、うまくいかない過程で、

親近感やメシウマ感も出てくるのではないかと思う。

 

久しぶりにNBAのプレーオフを観ているが、

勝負事というのは、

シビアな現実をポジティヴに受け容れるプロセスが楽しい。

 

情報処理技術者試験も、ストレスフルで、シビアで、

"クソ資格"とキレそうになることもよくあるが、

国家資格という点に、それを乗り越えるだけの価値がある。

サラリーマンSEとして、挑戦に値する資格だと思う。

 

ブログはとりあえず、

その攻略のためのツールとして使えればいいと思う。

 

| 【株】ブログ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1382
トラックバック