★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 (JUGEMレビュー »)
ITのプロ46,三好 康之
参考書はこれ一冊で一発合格可能。
詳しくは【ビジネス・資格】記事で。
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 【株闘漫義019】リアリティ | main | ジミー大西 >>
任天堂を買い目線で診る
任天堂については過去に何度か記事にしたが、
概ねネガティヴな評価だった印象がある。

任天堂スイッチが発表になったときも、
任天堂以外のソフトには期待できず、
WiiUまでの失敗が全く改善されてないと思った。

スプラトゥーン2もローンチに合わせられず、
敗色濃厚と見ていたが、蓋を開けるてみると、
Wiiを超える滑り出しで、増産が決まったという。

去年、ゴジラやアニメ映画が大ヒットしたり、
ここのところ娯楽に対する消費マインドは
回復傾向にあるように思う。

Wiiがヒットしたときのように、
株価が8万円近く上昇する可能性も無くはない。

ただ、ポケモンGOでは肩透かしを食らっているし、
株価上昇のメカニズムはそう単純ではない。

また、より根本的なところで、
スイッチがヒットするかどうかは、
やはりソフトの質に依存すると思う。

ソフトがたくさん出るに越したことはないが、
サマナーズウォーを未だにやっているように、
数よりも質が重要なのは間違いない。

自分がやりたいソフトがあるか?
それは意外に重要な物差しになると思う。

正直マリオはもう飽きたし、
今更ゼルダをやりたいとも思えない。
スプラトゥーンには若干期待したが、
課金が必要になると聞いて、一気に冷めた。

ただ、今日はNKが400円(2%)以上下落している中、
1000円(4%)以上上昇で27405円。

波乗りゲームに参戦したくなってくるが、
他人と同じでは株闘には勝てないと思う。

今日は持ち株のエプコがストップ高したので、
特にそう思う。
自分のペース、自分のプラン、自分の趣味で
粘り強く続けることを第一に考えると、
今さら任天堂に乗るのはイケてない気がする。

ただ、とかなんとか言っておいて、
1ヶ月後にPFに入っている可能性も否定できない。

| 【株】闘記録(実践) | 19:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:31 | - | - |
コメント
おつかれです。エプコS高すごいですね。
任天堂は予想外の大相場をこれまで見せてきた株ではありますが、同時に、ハードの爆死も結構やらかしてきた歴史があります。大ヒットしたWiiの後継機WiiUはスイッチの発売で事実上3年程度で廃機確定になっていますし、ネットやユーザーからはスイッチの左ジョイコン不具合など致命的な問題が報告されており、なぜ大事にならないのかが不思議なくらいです。米国では調査が始まったそうですが、最悪リコールとかあるかもしれません。とはいえ、まだ初動段階で生産も追いついていないようなので次回出荷分等から修正できれば問題ないのかもしれません。現在の任天堂のよさげなかんじは個人的にはまやかしに思えます。ポケモンGOのあとに期待されていたスーパーマリオランもコケているし、収益の柱となるようなものがほとんどない気がします。新作ゼルダの出来栄えがよかったらしい、ということだけが評価材料ですが、ローンチタイトルの一角だったボンバーマンとかの出来はひどいらしく、全般的にクリエイトクオリティが低下している感があります。過去の栄光が復権するパターンも企業にはよく見られますが、東芝やシャープのようにドツボにハマってしまうパターンも同様に多々あります。これまで何度か奇跡的リベンジをみせた任天堂ですが、個人的にはソーシャルゲームの台頭に完全に屈している感が否めず(ハードの普及で市場を席巻してやりたい放題というこれまでの黄金パターンはおそらくもはやありえないし、3DSの後継携帯機とスイッチがカブってしまうジレンマもある)、新社長の器量などをみても没落路線に入っている気がします。
企業価値を評価した長期投資の対象とするには株価水準も業績も中途半端な気がしますし、波乗りを狙うにしてもいまの薄甘い地合いで、差益が狙える大型株というだけの位置づけであり、それ以上を期待すると火傷する危険もありそうです。個人的なポリシーでもありますが、もっとマイナーな小型株を発掘する方に注力するべきでしょう。
| tmnrh | 2017/03/22 9:35 PM |
tmさん、どうもです。

エプコはその後いまひとつですが、任天堂もいまひとつ。
一旦躊躇してから飛びつくのはNGですね。

tmさんのブログ、コンスタントに続いてますね。
PFの規模も自分より大分大きいように思いますが、
ボラティリティ高い銘柄が大きいだけでしょうか?

配当とか優待とかインカム重視のスタンスは精神的に楽でいいですが、
長打を狙ったり、華のあるプレーを決めたい欲求も消えませんね。

期待を膨らませながら、マイナーな小型株を発掘するのは楽しいものです。

近頃は、ろくすけさんやすぽさんの影響からか、
PER20倍以上でも足切りしなくなりました。
ただ、tmさんのブログに出てくるテクニカル系には、相変わらず手が出ませんが。
| fhiyoshi | 2017/04/01 8:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1376
トラックバック