★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< トランプ相場で世界的株高 | main | 【株闘漫義019】リアリティ >>
ウェッジの叩き売り

すぽさんブログ評価4.5の高成長期待銘柄、
ウェッジHDが叩き売られている。

何か不正があったのか?
単にわかりづらかっただけなのか?
タイ当局からあったという指摘が
どの程度のペナルティになるのか?

叩き売りのトリガーとなった事実について
正確なところは抑えられていないが、
この売られ方をみるに、
「期待が先行し過ぎていた」のは間違いない。

PCデポのときは割と迅速に記事をアップしていた
すぽさんが現時点で何もコメントしていないのが、
かなり気になっている。

日経マネーで連載が始まっていたこともあり、
今回の衝撃は、すぽさんのポートフォリオ以外にも
影響を与えている可能性が高い。

正直、メシウマ感はあるのだが、
すぽさんブログは絶対に続けて欲しい。

今回の件で改めて実感するのは、
ハイリスク・ハイリターンという、超基本的なことだ。

頭では分かった気になっていて、
対策も打たれているように思うのだが、
現実に大地震が起きて、津波がきたら想定を遥かに超えていて、
大惨事に至る。
大惨事は誰も経験したことがなく、大混乱になる。
更に原発がメルトダウンして、影響は計り知れなくなる。
6年前にはそんなことが現実になろうとは、
誰も想像しなかっただろう。

ただ、現実は、想定を余裕で超えてくる。

そして当然のように、現実としてそこに居座る。

リスクをとらないのはリスクだが、
リスクに対してオフェンシヴに動くのは
投資ではなくギャンブルな気がする。

戦術やスタイルの問題なのかもしれないが、
やはり基本は守備なのだと思う。

守備の安定無くしては、勝率の安定はない。
マーケットは甘くない。
プロになればなるほど手堅くいくものだ。

それでも、パフォーマンスの向上を志向するのが投資家だ。
今回の件も、一時的なメシウマ、
ディフェンス重視の方針の徹底に繋げるだけで
終結させるのはもったいない気がする。

PCデポのときのリカバリに学んだように、
何か、今後にプラスになることを学べるように思う。

ウェッジについては事前に議論が過熱し過ぎていた。
FPGも似た感じだったと思うが、
前夜祭が想像以上の盛り上がりをみせたら、
その時点で撤退に動くべきなのだと思う。

みきまるさんも、投資の王道としてツイートしていたが、
他人と同じ行動パターンを基本避け、
誰も注目していない段階で仕込みを済ませ、
注目が集まってきたら降りるのが理想だ。

よって、発掘段階で注目が集まっているような銘柄は
対象外にすべきだ。
例外はいくらでもあるが、
傾向的に、テンバガーを達成するような銘柄は、
極めて地味な顔つきのように思う。
テンバガーを達成していても尚、
知る人ぞ知るようなポジションにいる場合が多い。

戦略としてまとめると、
個別株投資でハイパフォーマンスを狙う場合、
注目銘柄・人気銘柄の類いは対象外で、
地味で誰も気づいてないような銘柄に
大きめに張り込む。


ただ、当然外れる可能性も高いから、
DAIBOUCHOUさんやきびなごさんも書いていたように、
基本は、インデックス投信の積立や、
高配当株の分散投資に比重を置くのが手堅いと思う。

この記事の投稿の約30分後、3/12(日)9:40、

すぽさんブログのウェッジHDのコメント欄で、

挑発的な読者からの

「今回の暴落で精神的にまいってるのか?」との疑問に対し、

すぽさんから以下のコメントが投稿された。

 

> PCデポの時は色々悩むことが多かったですが、

> 今回はもともと覚悟していた範囲のことなので安定しています。
> 今は次のインベスタークラウドの分析中です。。

 

少し安心した。

 

| 【株】闘記録(実践) | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1374
トラックバック