★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 時間の投資 | main | 成功という罠 >>
銘柄の選び方
キャリアデザインセンター。

スゴくいい響きだ。
今の自分のテーマと合致してる。
転職フェアとか行ったことはないが前から知ってる。

個人的には、日本SHLと似たような
安定成長企業で、期ズレはあっても、
通期目標は着実に達成するのではないかと思う。

ただ、TOPIX採用銘柄というのが決定的に違う。
月足は比較的安定してるが、
決算発表で株価は乱高下する傾向がある。

少しの経験とメンタルの鍛練が伴っていれば、
これは下値を拾えるチャンスである。

十年を越す経験から学んだことは、
自分にあった銘柄、長くホールド出来る銘柄と
そうでない銘柄があるということ。

初期の頃を除いて、絶望的な失敗ケースは少ないが、
我慢して持ってれば・・・ということが多い。

なので基本は長く持てる、
好財務、高配当を前提に銘柄を選んでいく。

選び方は、少しずつ変えているが、
配当利回り3%以上
自己資本比率60%以上
とか最初にスクリーニングで絞り込む方法はやめた。

長期投資を考える上では、
時代のニーズやトレンドを踏まえた
事業内容であること、事業素質が最重要だからだ。

先ずは、近所のブログを徘徊して、
大きく買っていたり、
強く推されていたりする銘柄をピックアップする。

その後に、配当利回り、自己資本比率、
ROA あたりをチェックする。
ウェッジHDなどはこの段階ではじかれる。

ショック安で株価が下がれば
基準を充たせそうなものは監視銘柄にする。
また、四季報をみて、
競合他社に、より自分好みの銘柄、
基準を充たせる銘柄がないかもチェックする。


よく言われることではあるが、
良いものは少しぐらい高く買っても報われるが、
安いからという理由で買ったものはろくな結果にならない。

半年くらい監視して、まだ気になるなら、
基準点より少しくらい高くても買っていいと思う。
利益予想も配当も、業績次第で簡単に変更されるが、
情熱を注ぎ続けられるというのは、
長くホールドするのに外せない要件だからだ。

強いスポーツチームを作る感覚、
選出獲得を決断するオーナーの目線で、銘柄を選ぶ。

理想的には、無名の金の卵を発掘したいが、
新興市場は玉石混淆に過ぎる。
TOPIXやJPXから選んでもいいかもしれない。

目標株価とか損切りラインは設定しない。
絶望しない限り、半永久的にホールドできる銘柄を選ぶ。

強いチームがスタメンをコロコロ変えないように、
ポートフォリオも、
半年に一回くらいの見直しで済む布陣を組みたい。

あと、例年、年に2〜3回くらい暴落はある。
十分なキャッシュポジションを確保するなど、
移籍市場が開いたときに動ける準備もしておきたい。

| 【株】闘技術(理論) | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1369
トラックバック