★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 (JUGEMレビュー »)
ITのプロ46,三好 康之
参考書はこれ一冊で一発合格可能。
詳しくは【ビジネス・資格】記事で。
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 情報処理技術者試験 論述式攻略3 | main | 熱くあれ >>
成長株投資に思うこと
成長株投資とは何だろう?
大きな利益を狙いながらも、
長期スタンスのため、堅実そうなイメージがある。

自分の感覚で言えば、配当をあてにしない、
キャピタルゲイン狙いの投資スタンスだろう。

フィッシャーやオニールの著作も読んだが、
日本株であることや、時代背景を加味すると、
今の感覚ではあまりしっくり来ない。

「事業素質」や「経営者の能力」を見極めるといった、
基礎的な考え方には普遍的なものがあると思うが、
具体例に上がる企業は重厚長大型産業で、
既に結果の出たものを後追いで分析しているのが、
原因ではないかと思う。

今の感覚で考えるなら、
すぽさんのブログの方がしっくりくる。

今のファンダメンタル指標がバカ高くても、
将来産み出される利益、成長スピードを予想して、
割引現在価値の観点でお買い得と判断する。

自分の感覚からすると、
ウェッジHDなどは胡散臭い、
無配の割高株でしかないが、
個々に分析を進めた論者達の
140コメントにも及ぶ熱い議論の後に、
すぽさんが4.5とか、かつてない高い評点を下すと、
明日にでも急騰するような気がしてくる。

ただ、以前他人の尻馬に乗った自分の感覚では、
意外に大した勝率でもない。

ブームが去ると簡単に買値を割る感覚で、
2015年辺りから始めた、自分のパクリ投資の戦績は、
トータルでマイナスではないかと思う。

まず、乗っかるタイミングが後追いになるので、
勢いのある初動を取れないのと、
ショック安など不測の事態に機転が効かないのが痛い。

「他人の行く、裏に道あり花の山」
という格言のとおり、
皆がパクリ出したものほど伸び悩む傾向にあると思う。
FPGなどがいい例だろう。

しかし、一部には当たりもあって、
「何で監視銘柄に入れてたのに、
 買えなかったんだ(自分のバカ×3)」
というパターンも結構ある。

発掘してる人がそれなりによく調べた
結果かもしれないし、単純に確率の問題かもしれない。

そんなわけで、自分は
『ウォール街のランダムウォーカー』
の意見が一番しっくりくる。

そして、成長株より割安株の方が見つけやすく、
配当や値動きに安心感がある印象があるため、
日本人の個人投資家の多数派についてしまっている。

それを踏まえて、インデックス投資も始めたわけだが、
趣味としては詰まらなすぎて、
資格試験の方がコンテンツになるくらいだ。

今年は投資について、
現状維持くらいの気持ちだったが、
トランプの大統領就任式がやっと終わった、
現実とのスピード感の差に落ち着かなくなってきた。

近所のブロガーがあまりホールドしてない
成長株っぽい銘柄を発掘して、
暴落したときにまとめ買いしたりしてみたい。
| 【株】闘技術(理論) | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1366
トラックバック