★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 損なわれたもの | main | ポケモンを調べてもらう >>
しょーとくのギアナを倒す
サマナーズウォーで、しょーとくさんのギアナを倒した。

単騎防衛だったので余裕だったが、
しょーとくさんがギアナを当てたときの
動画を見ていたので、なかなか感慨深かった。

サマナーズウォー分からない人のために補足すると、
ポケモンでいう、サトシのピカチュウ、
しかもサトシが実在する人物で、
ファミコンで言うなら高橋名人みたいな感じだ。

しょーとくさんは、とにかく動画の配信数がスゴい。
課金額が300万円を超えたと告白していたが、
「人間、ここまでひとつのことに打ち込めるものか」
と感動せずにはいられない。

2ちゃんねるとかを見ると、アンチも多いが、
好きなことに全力で打ち込む姿勢は尊敬できるものだ。

他にも動画を配信しているユーザーはいるが、
基本、皆、冷めている。
やり込んでいる割に情熱を感じないのだ。

しょーとくさんがギアナを当てたときの動画は、
ガチャ要素の強いスマホゲームをやっている人なら、
少なからず共感するところがあると思う。

ゲームをすることが幼稚だとか、
もっとマシな趣味はないのかとかいう声もあるだろう。

ただ、昨今、プロゲーマーも出てきており、
日本の主力産業になる可能性の高い分野である。

薄っぺらい偏見で評価すると
時代遅れと見なされる日が近く来るだろう。

自分も今は「たかがゲーム」という認識に
共感を装っておくが、来る日には反旗を翻すだろう。

ただ、アニメやアイドルにハマる、
同世代の人々については冷めた目で見ているし、
未だにプロ野球にハマる人々についても、
少年時代のメインの娯楽がそれだった、
自分より上の世代を除いては理解できない。

人間がハマるメカニズムが色々研究されているが、
とりあえず、仕事より夢中になれる趣味が、
常に二つ三つないと生きづらい世の中だと思う。
| ゲーム | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック