★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 (JUGEMレビュー »)
ITのプロ46,三好 康之
参考書はこれ一冊で一発合格可能。
詳しくは【ビジネス・資格】記事で。
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
<< 人間だもの。 | main | 最高益更新 >>
【株闘漫義018】スカウティング
前回から3年半もの月日が流れた。



いろんな事情があるが、長期バリュー投資を標榜していた
株闘道場において、当時のスタメンで現在も残留している銘柄が
皆無という状況はちょっと悲しいことだ。

銘柄がダメだったというよりは、
戦略がダメだったという気がするし、
戦略がダメだったというよりは、
戦略を貫徹できなかったメンタルがダメだったと思っている。

メンタルがもう少ししっかりしていたなら、
3年半も放置しなかった気もする。

このところ、アベノミクスとかで地合いが良くなって、
投資についての情熱がまた、沸々と沸いてきた。

また、敢えて付け加えておくと、
地合いが良くなったことの他に、
3年半の間、サラリーマンを続けたことで、
メンタルと資金力が、少し充実したことも
地味だけど、大きなポイントだと思う。

あ、I Know!!

ここだけのハナシ、脱サラしたくて、
株を始めたばかりの読者がいたら言っておこう。

このブログは、あなた方をターゲットにしている。

よく気が変わるが、今の自分の願いは、唯一つで、
このブログを通じて、是非、勝利とは何かを感じて欲しい。

勝利に向かうための戦略として、
自分が選んだのは、長期成長株投資だ。

それを選んだいきさつは、過去のブログを読み返してもらえば、
なんとなくわかるだろう。

そして、長期成長株投資のキーになるのは、
何よりも、強固なポートフォリオを構築すること。

今回紹介するのは、強固なポートフォリオを構築するのに、
最も効率的と思う方法だ。

シャキーン。



相場に勝つためには、まず、自分に勝たなければならない。

自分に勝つための手っ取り早い方法は、
ショボいプライドを一切捨て、
他人の意見を謙虚に聞き、その中で最善と思えることを
躊躇無く実行に移すことだ。

成果を上げていそうな個人ブロガーのポートフォリオから、
良さそうな銘柄をスカウティングする。


皆が買っていて、ポートフォリオのパフォーマンス向上に
寄与している銘柄は良い銘柄といえるが、
高値掴みになるリスクも大きい。

ただ、成長株ということであれば、
成長シナリオやビジネスモデルに、可能性を感じれば、
多少高値でも買えるような気がする。

リストアップしたのは、以下の6銘柄だ。
 
銘柄名 株価 (2015/4/2終値) 数量 評価額
DVx(3079) 1149 400 ¥459,600
日本管理センター(3276) 1759 300 ¥527,700
日本SHL(4327) 2755 200 ¥551,000
CTS(4345) 901 500 ¥450,500
FPG(7148) 1256 400 ¥502,400
全国保証(7164) 4505 100 ¥450,500
合計     ¥2,941,700
 
一銘柄ずつ、イメージイラストをつけて
検証とかするつもりだったが、キツいので次回以降にする。

今回はとりあえず、昨日の終値で、
上のとおり、買ってみたと仮定して欲しい(約300万円)。

次回以降(下手すると数年後)、
どのようなパフォーマンスを上げたかをネタにして、
話を展開したいと考えている。
 
| 【株】闘漫義(漫画) | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:31 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-hiyoshi.jugem.jp/trackback/1004
トラックバック