★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
立川一さんZAiオンラインで連載開始
すぽさんが日経マネーで連載を始めたことに驚いていたら、
今度は、立川一さんがZAiオンラインで連載を始めるという。

他にもAKIさんが日経ヴェリタスの取材を受けていたり、
相互リンクし、身近に感じているブロガーさんに対して、
スゴいスゴいと思うことが起きている。

ただ、冷静に考えてみると、
周りにそういう人が出てきて
不思議でない年齢になっただけな気もする。
フランス大統領になったマクロンさんは、同じ歳らしい。

ベゾスやザッカーバーグも別世界に住んでいるようで、
資産規模の差ほどは、経験していることに差はない気がする。
インターネットによってフラット化された世界においては、
同時代人という感覚でいいのかもしれない。

ただ、話を戻すと、今回、ろくすけさんではなく、
立川一さんが連載を持つ運びになったのは意外だった。

成長株投資で億り人という、
分かりやすいが、再現性の低そうなモデルから、
連続増配銘柄への分散投資という、
地味で地に足のついたモデルが採用されたのは革命だった。

思えば読者中心であろうサラリーマン世代は、
現実逃避したり、夢をみたくて
マネー誌を読んでいるわけではなかったのだ。

優待や配当がクローズアップされる昨今、
なかなかナイスなチョイスだったのではないかと思う。

立川さんの初回の記事を読んで、
改めて親近感がわく投資手法であると感じた。

単純に高配当を狙っているわけではなくて、
連続増配というキーワードによって、
成長株をチョイスすることで、
インカムゲインの確実性をましていること。

自分もずっと配当利回りを最重視してきたが、
ろくすけさんの影響で、ROAもみるようになった。

共通するのはインカムゲイン重視であるという点だ。

分散の広さをみても、
自分が凡人であることを認めた投資手法であると思う。

バフェットの言葉に、
「まずまずの企業を素晴らしい価格で買うよりも、
素晴らしい企業をまずまずの価格で買うことを選ぶ」
というのがあるが、これには大いに賛同する。

企業の成長性に期待しているからこそ
メジャーな大型株ではなく、マイナーな小型株を選んでいる。
そうであるなら、割安性より成長性を重視するのが道理だ。

PERやPBRを元に、割安性を重視する手法は
主力に星3のモンスターしか並べられなかった、
初級者時代の手法と認めざるをえない。

ただ、素晴らしい企業とはなんなのか?
どうすれば星4、星5のモンスターを引けるのか?

それはいまだによくわからない。
ただ、それを引けたなら、
インカムゲインの何倍、何十倍という
キャピタルゲインを手にすることができるだろう。

ただ、その流れで、レバレッジをかけるのが道理になって、
信用取引に手を出し、大損ぶっこいて、
再起不能になるリスクも倍増するだろう。

星5と信じる成長株への集中投資という投資手法は、
自分には採れない。

パクりながら、分散させながら、
ディフェンス重視で、コツコツ余裕を積み上げたい。
| 【株】闘技術(理論) | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジリ高
株がジリジリと上がっている。
ドル高、円安、株高だ。

先進国株式のインデックス投信を
ドルコスト平均法で買っているが、
NYダウが史上最高値を更新しても尚、
配当狙いで買っている日本株PFの方が
断然パフォーマンスが良い。

どうせ下がるときは揃って下げるのだろうから、
高配当株への分散投資の方が優れた戦略に思えるが、
個別株には上場廃止とか、予期せぬ事故が起きうるから、
一概に良いとは言い切れないのだろう。

ただ、そういう比較をし出すと、
国債、ましてや、預貯金などは選択し得なくなる。
レア度が高く使い勝手のいい武器なり
スキルをゲットしたのに装備しない手はないだろう。

だが、そんな当たり前そうな理屈を言っても、
政府が貯蓄から投資へとどんなに誘導しても、
日本国民の重い腰は上げられないだろう。

日本は物価は安いし、治安は良いし、
とにかく住み良すぎる。
リスクをとってまで増やそうと思わなくていい。

経験的にも精神的に磨り減ることを加味すると、
投資が面白く、趣味にできない限り、
無理にやる必要もない。

資産を増やすこと、
ゲームに例えるなら強くなることがマストではないのだ。

普通に定職があって、稼げているのなら、
仕事に関係した資格試験に挑戦する方が断然堅実だろう。

基本、おいしい話はないと思った方がいい。

愚痴ってる暇があったら、
一歩でも前進する、コツコツ積み上げる。
諦めたり、腐ったりせず、
七転び八起きの精神で臨めば
いづれ目標は達成できる。

ドリカムはそんなに好きじゃないが、
例え、一万回ダメでも、
止めなければ、一万一回目は来るという
あのフレーズ、あのメロディーには強い説得力がある。

当たり前の事実でしかないのだけど、
不屈の精神が如何に強力か、思い知らされる。
そうした経験を少しでもしていれば、
何度でも聴き行ってしまう。

大事なのは実現可能な目標を立てて、
着実に前進し、必ず達成することだ。

目標を達成しているうちに、
効率の良い方法などが徐々に見えてきて、
より大きな目標に挑めるようになる。

自分は何度も失敗したが、
デカい手を狙って失敗するのは、とても非効率だ。

地味で格好は良くないが、
基礎的なことを繰り返しやったり、
深く掘り下げる方が、断然効率がいい。

やりたい、やりたいと言ってできないことがある。

本当は大してやりたくないのかもしれないが、
それ以上に、目標が明確に定まってないのだと思う。

「単に好きだからやる」
何であれ、そういう状態はすごく幸福だ。

明確な目標や達成感、
確実に積み上げられるモデルがないと、
単に面白そうというだけでは、
なかなか着手できなくなってしまった。

ファンダメンタルの割安さや
業績の裏付けがないと投資できないのと同じ、
今の自分のスタンスが顕れている。
| 【株】闘技術(理論) | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
稼ぐということ
全然儲かってない自分が語っても説得力ないのだが、
稼ぐというのは、バリバリ稼働するイメージである。

6000円台で高すぎるなと思っていた、
アドベンチャーの株価が12000円台になったのをみて
成長株とは、稼ぐとはなんなのかをぼんやりと認識した。

社会や時代のニーズを捉えていると思われる業容で、
ストック型をはじめとする、
安定したビジネスモデルを構築していれば、
それなりにいい線いくのかもしれない。

そういう銘柄はPER20倍超、PBR5倍超で、
配当利回りは1%あるかないかという印象だ。

ファンダメンタル指標重視型の割安株投資は、
正直イケてないと思うが、
すぽさんのPFにように、前述のような銘柄だけで
分散投資というのも恐ろしいものがある。

チキンといえばそれまでだが、
ショック安は容赦なく襲ってくる。
かつて不動産株のサイクル投資で成功した、
DAIBOUCHOU さんのようにシュリンクした例を見ると、
分かったような気になって
パクリ投資をやるのは危険すぎる。

株価がバンバン騰がると、
自制心は抑えられなくなってくるが、
そんなときは自分を、
波の一番高いところで乗りたがっている
馬鹿野郎と客観視してみる。

目の前の株価の動きに心を動かさず、
自分の資産の稼働率を上げることに集中する。

資産が自分以上に働いてくれる状態、
配当が年収を上回るのが究極の目標である。

そのためには何をすべきか?
自分はデイトレを学んでも無駄と気付いてから、
四季報を熟読したり、株ブログを徘徊したりしていたが、
多分それも、究極の目標を達成できる程の
稼働率の上昇には繋がらないだろう
(というか、ここ数年、繋がっていない)。

日本株以外のより広い市場を鳥瞰し、
世界経済や市場メカニズムについてより深く知ろう。

日本株市場という狭い範囲にこだわらず、
稼働率を上げるためにあらゆる手段を探ろう。

ただ、精神的に疲れない程度。
趣味として楽しめる程度に、
ちびちびリスクを取っていこう。

目標を定めて前向きに取り組めば、
今よりは近付いていける気がする。

| 【株】闘技術(理論) | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
成功という罠
強いものは益々強くなり、
弱いものはグズグズ伸び悩む。

昨日は決算を予定日に開示できなかった
PCデポが11.11%も下落した。

去年は本当に痛い年となったわけだが、
あの事件の前までは、すぽさんのPFの主力銘柄で、
高収益ビジネスモデルによる成長路線を歩んでいた。

あの事件以降、イメージの悪化は強烈で、
客足は相当遠退いたろうし、信頼回復云々以前に、
警戒すべき商法であることが明かになった。
アゲインストからリカバるのは困難そうだ。

お家騒動を演じた大塚家具も振るわないようで、
中計を見直すらしい。

アベノミクスやトランプ相場をみても、
勢いというのは侮れない。

後から振り返ると、
何であんなに盛り上がったんだろう?
と思わずにいられないことも、
渦中にいると、そうならずには居られないものだ。

そこで「波乗りの技術を身に付けよう」と
発想する人間は多そうだ。

自分はそんなノリに乗って投資して
失敗したら酷く後悔するだろうから
最初から敬遠気味である。

だが、それほど徹底してもいないので、
「この相場はどんな結末を迎えるか?」
予想する。

すると、それはびっくりするほど当たらない。
結末らしい結末が明示されない
グズグズな展開となることもよくある。

そこで言えることは、
基本的には乗らないことと、
乗るなら出口戦略を持って乗ることだ。
自分は、感情的にのめり込んで
降りにくくなるタイプと自認しているので乗らない。

波乗りの技術や予想の精度を磨く
という選択もあるだろうが、
自分には、死に急いでいるようにしか思えない。

大きく当たれば嬉しいが、降りられなくなる。
1億稼いだデイトレーダーが、
2億損するのはよくあるパターンだ。

誤った成功体験が元で再起不能になる、
そういう罠に嵌まらないよう警戒したい。

投資は投機やギャンブルとは違う。
リスクをコントロールしながら、
こつこつ積み上げていく性格のゲームだと思う。
| 【株】闘技術(理論) | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
銘柄の選び方
キャリアデザインセンター。

スゴくいい響きだ。
今の自分のテーマと合致してる。
転職フェアとか行ったことはないが前から知ってる。

個人的には、日本SHLと似たような
安定成長企業で、期ズレはあっても、
通期目標は着実に達成するのではないかと思う。

ただ、TOPIX採用銘柄というのが決定的に違う。
月足は比較的安定してるが、
決算発表で株価は乱高下する傾向がある。

少しの経験とメンタルの鍛練が伴っていれば、
これは下値を拾えるチャンスである。

十年を越す経験から学んだことは、
自分にあった銘柄、長くホールド出来る銘柄と
そうでない銘柄があるということ。

初期の頃を除いて、絶望的な失敗ケースは少ないが、
我慢して持ってれば・・・ということが多い。

なので基本は長く持てる、
好財務、高配当を前提に銘柄を選んでいく。

選び方は、少しずつ変えているが、
配当利回り3%以上
自己資本比率60%以上
とか最初にスクリーニングで絞り込む方法はやめた。

長期投資を考える上では、
時代のニーズやトレンドを踏まえた
事業内容であること、事業素質が最重要だからだ。

先ずは、近所のブログを徘徊して、
大きく買っていたり、
強く推されていたりする銘柄をピックアップする。

その後に、配当利回り、自己資本比率、
ROA あたりをチェックする。
ウェッジHDなどはこの段階ではじかれる。

ショック安で株価が下がれば
基準を充たせそうなものは監視銘柄にする。
また、四季報をみて、
競合他社に、より自分好みの銘柄、
基準を充たせる銘柄がないかもチェックする。


よく言われることではあるが、
良いものは少しぐらい高く買っても報われるが、
安いからという理由で買ったものはろくな結果にならない。

半年くらい監視して、まだ気になるなら、
基準点より少しくらい高くても買っていいと思う。
利益予想も配当も、業績次第で簡単に変更されるが、
情熱を注ぎ続けられるというのは、
長くホールドするのに外せない要件だからだ。

強いスポーツチームを作る感覚、
選出獲得を決断するオーナーの目線で、銘柄を選ぶ。

理想的には、無名の金の卵を発掘したいが、
新興市場は玉石混淆に過ぎる。
TOPIXやJPXから選んでもいいかもしれない。

目標株価とか損切りラインは設定しない。
絶望しない限り、半永久的にホールドできる銘柄を選ぶ。

強いチームがスタメンをコロコロ変えないように、
ポートフォリオも、
半年に一回くらいの見直しで済む布陣を組みたい。

あと、例年、年に2〜3回くらい暴落はある。
十分なキャッシュポジションを確保するなど、
移籍市場が開いたときに動ける準備もしておきたい。

| 【株】闘技術(理論) | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/56PAGES | >>