★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
損失が膨らんでるときに思うこと

今年はここまで暴落続きなのと、

PF主力のエプコやピープルが下り坂に入ったことで

損失が膨らみまくっている。

 

インデックス投信積立も、

先進国株と新興国株を月7.5万ずつ

先月から投資方針を変えているが、

なんとなく世界経済が下り坂に入った節があり、

こちらも損失を膨らませていきそうだ。

 

こういうときいつも思うのは、

「サッサと損切りした方が良かったか?」

という軽い後悔と、

「どうせ使わない金だし」

「売ったら面白くないし、税金かかるし」

「どうせ繰り返しだから、いつか戻るし」

という自分を正当化する言い訳の類だ。

 

自分の場合、サッサと損切りしても、

次の一手がないし、どうせ放置する。

万一、個別材料が出て噴き上げたら

後悔しても仕切れない。

 

いままでそんなに酷い銘柄は買っておらず、

「ずっと持っていれば良かったのに」

と思うことの方が圧倒的に多い。

 

我ながら”負け組の典型”といった持論であるが、

ピープルもエプコも買値よりは上だし、

これからも悪くない配当や優待を提供してくれるなら、

銀行預金に預けておくよりはずっといいと思う。

 

NKは正直、高値圏すぎて、

ここからは下がる可能性の方が高そうに思えるので、

元気の良さそうな成長株に乗り換える

そういうタイミングでもない気がする。

 

個別株はPFの配当利回りを意識しながら、

逆張りスタンスで様子を観つつ、

インデックス投信の積み立てを続けて、

次の上昇相場を待てばいいのではないかと思う。

 

一方で、効率よく資産を拡大している投資家は、

サッサ、サッサと成長株を乗り換えているのだろうか?

 

自分が知る限り、

NK先物を弄って売りも買いもやる人よりは、

これと決めた銘柄に長期集中投資してる人の方が、

大きく儲けている割合が多い気がする。

 

自分の場合、ポジションを外すと、

猛烈に関心を失ってしまうおそれがあるので、

高配当銘柄を中心に適当に分散しながら、

だらだらとホールドしているが、

しっかり分析して自分で発掘した銘柄なら、

配当利回りや優待などを期待することもなく、

買い増ししながら長く投資できるのかもしれない。

 

長期的に成長していく前提で、買い続けるのは、

インデックス投信積立と同じ。

タイミングは意識しないとまずい気もするが、

真の成長株なら、タイミングに寄らず、

買った分だけ報われる結果になるだろう。

買値にも拘り過ぎず、将来価値に比べて安いと思ったら、

孫正義並に買い占める。

 

「投資して暫くは、含み損かトントンの時期が続くが、

あるときを境に急騰。猛烈に利益が伸びていく」

 

自分が思い描く、投資らしい投資の成功イメージだ。

 

次の課題はそうした長期集中投資。

PF主力のエプコを買い増していくのか、

他の銘柄に買えて行くのか微妙なところだが、

配当利回りよりも成長性、

”まだ規模は小さいがビジネスモデルが秀逸”

と思える銘柄が候補と考えている。

 

インフォコム

エリアリンク

 

だが、割高感があり、配当利回りの低い、

小型株というのは、慣れてないこともあり、

本当に手を出しにくい。

思い切って買っても、ホールドできない気がする。

 

暴落はそういう銘柄を発掘するタイミングとしては、

いろいろと悪くない面が多いと思う。

 

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘技術(理論) | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベターな?投資

『ウォール街のランダムウォーカー』を読んで思ったのは、

 

「ぐだぐだ書いてあるけど、

結局株で儲けるのはリスキーってこと?

インデックス投資が安牌ってこと嬉しい?」

 

という程度のことだった。

 

 

結局、それを読んでからも、より面白い

個別日本株への投資をメインにしていたが、

リーマンショックを喰らって、

 

「暴落時にしか買わんぞショック

と逆張り思考に偏っていたら、

 

アベノミクスでスルスルと株価が上がって、

結局全然儲からなかった。

 

その頃、”結局、儲かったのはインデックス投資家”

というような日経の記事かなんかを見て、

結果論ではあるにしても、少し刺さるものが合った。

 

波がいつ来るかは、正直分からないし、

予想して張り込むのは危険なのだ。

 

クラロワをやっているとよくわかるが、

相手のデッキを推測するのはいい。

株価チャートと経済情勢を符号させ、

「今が上昇トレンドだびっくり!」とか念頭において

投資判断を下すのと同じだ。

 

ただ、手札がどういう順番で入ってくるかは、

それこそランダムで、運に委ねられる部分がある。

操作スキルで勝っていても、

相性の悪い手札で無理攻めすれば、

エリアドはドンドン失われて、苦戦を強いられる。

 

「そろそろボックス天井で崩れるはずだから・・・見る

と売りに回ると、踏み上げられるのと同じだ。

 

大切なことは、大勝を狙うのをやめ、

負けないことを第一に、

バランスのとれたPF(防衛デッキ)を組むことだろう。

 

選択できない相手がどんなデッキを組んでいるか?

どんな順番でカードが配られるか?

 

そこが絶対的なランダムだという前提においては、

操作スキル(売買テクニック)を磨いたり、

予想の精度の高めて、反応速度を上げたりすることには

多少の意味はあるが、それに自信を持って、

 

「俺の腕ならデイトレで食ってけるぜ楽しい

 

という発想は超リスキーだ。

 

何も考えず毎月定額を積み立てるだけ、

小屋を建てるだけというやり方は正直つまらないが、

安定感抜群だ。

当然、対策デッキにぶつかれば負けることもあるが、

対策デッキ自体の比率が少ないと勝率は安定する。

(それでも、小屋デッキが流行り出すことがあれば、

未来永劫安泰とは言い切れない)

 

できるだけ、手数を減らし、

無駄な思考や邪念が入ることを排除し、機械的に投資する。

そう、習慣化していける投資スタイルを目指すのが、

ゲーム攻略の秘訣だろう。

 

一見詰まらないことに、どれだけ情熱を燃やせるか?

勝因や敗因を冷静に分析して、

その反省を経験として積み上げられるか?

 

投資は博打ではないので、そうした積み上げは、いづれ実る。

いづれ実ると思えるからここまで続けてこれた。

 

来年はインデックス投信積立を主軸に置き、

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)の

先進国、新興国株式を毎月5万ずつコツコツ積み立てていく。

金額は今年と一緒だが、信託報酬が多少安くなる。

 

個別日本株は現状維持。買い増すこともないし、

相場が明確に崩れない限り(あるいは崩れても)売らない。

立川一さんのように、数年前、高配当を期待して買った銘柄が、

着実に増配を続けているから、持っているだけで殖えるのだ。

 

ろくすけさんのように、未来の成長株を探索するのは、

相場が明確に崩れた後、株ブログや株クラスタのツイートが

激減してから、ろくすけさんを始め、生き残った

猛者のブログを参考にするところから始めればいい。

(それはそれでかなり楽しい時間だ)

 

ちょっと長くなったが、今投資について考えているのは

大体そんなところである。

2018年の年頭にあたり、投資方針について整理できた。

 

これまで日本株を買いすぎているので、

まだ時間がかかると思うが、

インデックス投信のPFに占めるシェアが、

日本株のそれを上回るがいずれ来るだろう。

(おそらく、それより先に、億り人になっているだろう)

そしたら、より一層余裕でホールドできる。

最強のメンタルバランスに到達できるような気がする。

 

逆説的と思われるかもしれないが、おそらく、

あらゆるゲームの上達のコツは、最初に、

到達するランクや、そこでのメンタル状態を

可能な限りイメージして(あるいはパクって)、

そうなったつもりで行動することだ。

そうすると、不思議なことに、

最善の行動を、当然のように選べるようになる。

失敗しても焦らず、経験として蓄積できるようになる。

 

たぶん。

 

 

| 【株】闘技術(理論) | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
経験を活かさない手はない
NKは2万円を割れてから伸び悩んでいるが、
PFはエプコがストップ高した後くらいから
エンジンが掛かってきて年初来高値を更新中だ。

昨日はちょっと珍しいことに出くわした。

時差出勤でザラバを見ていたら、
OCN広域ネット障害の影響かなんかで
楽天証券にログインできなくなったのだ。

ビジネスブレイン太田昭和がストップ高とか
これまた珍しいことが起こっていたのだが、
別に売買するつもりはないので、
ツイッターでネット障害の状況を追っていた。

丁度今システムアーキテクトの試験勉強を
しているのだが、楽天証券の障害対応力は
相当難がある気がした。

SBI証券はほとんど不具合を感じさせなかったのに
楽天証券はOCNが復旧した後もなかなか復旧せず、
2〜3時間ログインできなかった。

NISA継続のためにマイナンバーを届け出ろという、
国民の資産を囲い込むための
国家戦略じゃないかと疑っているイベントがあるのだが
その機会に楽天のNISA口座は終了かもしれない。

非課税上限120万なんて、その程度じゃ
既に投資をしてる人間からしたら大したことないし、
これから投資を始めようなんて動機にもならなそうだ。

国民の金融資産を貯蓄から投資に誘導する国家戦略は、
確実に空転していると思う。

結局、投資経験の浅い日本人は、
外人にカモられるのがオチだと思う。

タイムラインには
デイトレやスイングをメインでやってる
投資歴5年以下くらいの人が多いが、
5年後には半分以上退場しているだろう。

9割が負ける相場で手数を増やのは無謀だ。
いいときもあるだろうが、
どんどん大きな博打になっていずれトぶ。

歴史は大体繰り返している。

今の状態より、先の状態に張るのが投資なのに、
ストップ高に飛びつくイナゴは死ぬしかない。

自分も愚行を繰り返してきたけど、
ニトリ、太陽HD、山田コンサルなんか
今もガチホしてたら、今頃億り人だった。

ショック安なんてどうせ一時的なものと
割り切って、下手に動かないことだ。

確実に利益を確定して、損切りして、
高低差を取れたらスゴいけど、そんなの無理だ。

「そんなことない!」

という意見もありそうだが、感覚的には
打率4割のように達成出来そうで出来ないものだ。

出来そうだから、皆トライするのだが、
9割は退場という最期を迎える。
1割は成功を得られるかもしれないが、
メンタルと時間を相当削られるだろう。

「よく調べて選び抜いた銘柄を
 ショック安で仕込んでガチホするのがいい」
というのが、
「大学には行っておいた方がいい」
というのと同じくらいの真理だと思う。

ただ、
「クソゲーで時間のムダだから止めておけ」
と言っても、
やったことのない人はやってみたいのだ。

自分も「今回は今までと違う!」と思ったし、
「もう取り返せないんじゃないか」と思うほどの
損失を抱えたこともある。

過去の愚かな記事に残っている。

多分、致命傷を負う前に気づけるかどうかだろう。

自分も人の心配をする前に、出口戦略を考えたい。
| 【株】闘技術(理論) | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の銘柄選定について

NKはまた20000円を割り込んだらしい。
政局も今ひとつ不安定で、この辺が山かもしれない。

最近、売買していない自分がいうのも変だが、
最近、銘柄選定の着眼点が変わってきた。

直近の傾向としては、
とにかく配当重視、安定性重視だった。

相場はいいときも悪いときもあるから、
キャピタルではなく、インカム重視でいこう
と考えていた。

最近では、インデックス投資と日本株投資の
投資総額の比率も逆転しつつあり、
近く、インデックス投資がメインになりそうだ。

安定性やインカム重視というなら、
インデックスだけでいいという気さえするし、
成長性やキャピタルを
日本株に求めるのは違う気もしている。

最近、獏と考えている新たな投資スタイルは、
高配当日本株や海外インデックス投資といった
現在のポジションはキープしたまま、
将来性のある日本株へ集中投資を追加することだ。

”将来性のある”という表現は曖昧なので補足すると、
単純にROAが高いとか、個人投資家の評価が高いとか
わかりやすい成長株ではなく、
不人気で割安に放置されている銘柄の中で、
事業素質のありそうな、
将来の社会・経済に需要が高そうな銘柄。

分かりやすく言い換えると
(なぜ最初からそう言わなかったのかは不明だが)、
テーマを先取りすることだ。

日本経済の状態からして、
このまま「割安」や「成長」といったキーワードで
日本株の長期投資をするのは危険すぎる。

最終的に、
「インデックスを買っといた方がマシだったね」
という結果になった場合、
個別銘柄への分散投資で、何を狙っていたのか?
自分で自分に説明できそうにない。

せいぜい「曖昧なカンジでやっていた」
「配当もらっていい気になっていた」
というくらいだろう。

直近狙っていたインフォコムが急騰してしまったが、
この銘柄のように、なんとなく放置されている銘柄、
別に、小型株とか新興市場である必要はなく、
世の中のニーズにあった事業を展開している企業、
そういうのを発掘したい。

発掘の方法はいたってシンプルで、
以下のようにやっている。

(殕銘柄や監視銘柄、
ご近所のブロガーさんの保有株のうち、
気になる銘柄について四季報を読む。

⊂来性があると思える銘柄の業界について、
競合他社を含めて読む。

6ス臑昭劼里Δ繊▲侫.鵐瀬瓮鵐織襪両態が、
他と違う銘柄について、IRサイトなどで
事業内容を調べる。

でIRサイトを読んでいると、だんだんと、
将来の社会ニーズや、社会のイメージが、
経営ビジョンを通じてなんとなく理解できる。

そうすると、そうした社会になったとき、
どんなものが、求められるか、なんとなく、
完全に推測の域ではあるのだが、
イメージがわいてくる。

そしたらまた、△北瓩辰討修譴魴り返す。

ガンホーやミクシィのスマホゲームでの
大ブレイクも、ちょっとアンテナを張っていれば
乗れたような気がするが、結局、後だしだ。

正直に振り返れば、世の中が、そこまで
ライトユーザ向けのゲームを欲しているとは
想定していなかった。
想定していなかったから、
ツイッターでなんとなく流行っていることが
わかった時点でも乗れなかったのだ。

投資の原点に近づいていると思うのだが、
やはり、将来どんな世の中になるのか?
社会・経済・文化について感度を高めることが
まず、大前提になってくると思う。

日本株に投資するメリットは、
日本に住んでいて、リアルな社会の状況を
知れることにあると思う。

ただ、安定を求めるだけなら、
インデックス投資だけでいいように思うし、
お小遣いや優待を受け取りたいだけなら、
これ以上、ポジションを拡大する必要はない
(拡大しすぎると、
郵便物が多くなっていろいろ面倒だ)。

今、漠然と考えていること、
日本株に感じていることは大体そんなところだ。

 

| 【株】闘技術(理論) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
立川一さんZAiオンラインで連載開始
すぽさんが日経マネーで連載を始めたことに驚いていたら、
今度は、立川一さんがZAiオンラインで連載を始めるという。

他にもAKIさんが日経ヴェリタスの取材を受けていたり、
相互リンクし、身近に感じているブロガーさんに対して、
スゴいスゴいと思うことが起きている。

ただ、冷静に考えてみると、
周りにそういう人が出てきて
不思議でない年齢になっただけな気もする。
フランス大統領になったマクロンさんは、同じ歳らしい。

ベゾスやザッカーバーグも別世界に住んでいるようで、
資産規模の差ほどは、経験していることに差はない気がする。
インターネットによってフラット化された世界においては、
同時代人という感覚でいいのかもしれない。

ただ、話を戻すと、今回、ろくすけさんではなく、
立川一さんが連載を持つ運びになったのは意外だった。

成長株投資で億り人という、
分かりやすいが、再現性の低そうなモデルから、
連続増配銘柄への分散投資という、
地味で地に足のついたモデルが採用されたのは革命だった。

思えば読者中心であろうサラリーマン世代は、
現実逃避したり、夢をみたくて
マネー誌を読んでいるわけではなかったのだ。

優待や配当がクローズアップされる昨今、
なかなかナイスなチョイスだったのではないかと思う。

立川さんの初回の記事を読んで、
改めて親近感がわく投資手法であると感じた。

単純に高配当を狙っているわけではなくて、
連続増配というキーワードによって、
成長株をチョイスすることで、
インカムゲインの確実性をましていること。

自分もずっと配当利回りを最重視してきたが、
ろくすけさんの影響で、ROAもみるようになった。

共通するのはインカムゲイン重視であるという点だ。

分散の広さをみても、
自分が凡人であることを認めた投資手法であると思う。

バフェットの言葉に、
「まずまずの企業を素晴らしい価格で買うよりも、
素晴らしい企業をまずまずの価格で買うことを選ぶ」
というのがあるが、これには大いに賛同する。

企業の成長性に期待しているからこそ
メジャーな大型株ではなく、マイナーな小型株を選んでいる。
そうであるなら、割安性より成長性を重視するのが道理だ。

PERやPBRを元に、割安性を重視する手法は
主力に星3のモンスターしか並べられなかった、
初級者時代の手法と認めざるをえない。

ただ、素晴らしい企業とはなんなのか?
どうすれば星4、星5のモンスターを引けるのか?

それはいまだによくわからない。
ただ、それを引けたなら、
インカムゲインの何倍、何十倍という
キャピタルゲインを手にすることができるだろう。

ただ、その流れで、レバレッジをかけるのが道理になって、
信用取引に手を出し、大損ぶっこいて、
再起不能になるリスクも倍増するだろう。

星5と信じる成長株への集中投資という投資手法は、
自分には採れない。

パクりながら、分散させながら、
ディフェンス重視で、コツコツ余裕を積み上げたい。
| 【株】闘技術(理論) | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/57PAGES | >>