★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
ジミー大西

今月はちょっと下げたが、

新興国株式が意外に堅調だった。

 

相変わらずすごく地味だし、面白くないが、

そこがいい。

投資というのはこうしてコツコツ積み上げるべきものと

個人的には思う。

 

<2017/04/01>

 

<2017/03/03>

 

不思議と、上げてるときより、下げてるとき、

特に下げ渋ってるときが、いいかんじなのだと

評価できるようになってきた。

 

来月も地味な展開を期待したい。

 


★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| インデックス投信積立 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
トランプ相場で世界的株高

前回の更新から2ヶ月空いた。

トランプ相場絶好調で、

NYダウが史上最高21000ドル超えしたこともあり

先進国株が一段高。

更にその勢いが世界に波及したらしく、

新興国株はガッツリ上昇している。

 

その分債券はマイナス幅を広げているが、

そこはまぁ理論どおり。

トータルでは20万円強の大幅プラスで、

今この瞬間だけ考えると、

株と債券の比率を3:1

先進国と新興国の比率も3:1にしたのは

まずまずだったと思う。

 

<2017/03/03>

 

<2017/01/04>

 

ただ、時代というか時の流れは、無常なものだ。

また大きめのショック安がいづれくるだろう。

 

インデックス投信の積立というのはむしろ、

そういう冬の時期にどれだけコツコツ続けられるか?

平均取得単価が下がっていく時期に、

上昇に転じたときのことを想像して楽しめるか?

そういうものではないかと思う。

 

だから、預貯金よりは魅力的な運用ではあるが、

個別株投資に比べたら全然味気なく、

投資らしいといえば、投資らしい気もする。

 

結局何が言いたいのかというと、

今はぼちぼち好調だけど、全然物足りないということ。

個別株投資の方が含み益を膨らませているが、

それも、期待水準からすると全然物足りない。

 

贅沢病という気もするが、

要求水準はどんどん上がっていく。

好決算でもサプライズがなければ、

失望で売られるのと同じく、不合理ながら、

極めて人間らしい感情だ。

 

その脆弱な感情に振り回されることもなく、

ドルコスト平均法で機械的に積み立てる。

それがインデックス投信積立の素晴らしさだと思う。

 


★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| インデックス投信積立 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
インデックス投信積立 4年目が始まる。

前回の更新から1年以上空いたが、

他よりウェートが倍の、先進国株が伸びて

いい感じにプラスになった。

これもドナルド・トランプのおかげだろう。

 

また、安定感のあった債券がマイナスに転じたのは

少し意外だったが、理論的には正しいだろう。

 

積立額も700万円規模になった。

 

インデックス投信の積立というのが

規模の拡大によって、ジワジワ利益を、

利益というか、利益の源泉を深堀していく、

長期投資らしい投資のあり方のなのではないかと、

なんとなく実感できてきた。

 

<2017/01/04>

 

<2015/12/05>


北浜流一郎さんが随分昔の著作で、

「トヨタ株の積立で自分年金をつくろう」

というようなことを提唱されていたが、

いわんとすることはなんとなくわかる。

 

トヨタ株とか先進国株インデックスとか、

安定感のある、鉄板というか定番を、

ドルコスト平均法で買っていく。

 

あまり面白くないけど、10年くらい

コトコト煮込んで蓋を開けると、

いい感じに出来上がっているという、

きっとそういう感じなのだろうと思う。

 


★いつも読んでいただきありがとうございます。
現在191位↓毎日参考にしています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
 

| インデックス投信積立 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
外国株インデックスは意外に低調
11月は案外好調かと思いきや、株は鈍かった。
NKは伸びたが、世界的には横這い以下だったようだ。

特に新興国は、中国にしろロシアにしろ、
しばらくは伸び悩みそうな雰囲気だ。

<2015/12/05>


<2015/10/31>


債券が上げているが救いではある。

まぁ、ドルコスト平均法だから、
安いときに、その分多く仕込めていると、
前向きに考えよう。

理想的な資産形成の真っ最中なのだ。

月内に米国が利上げに踏み切ることは、
もはやほぼ確実で、問題はその後、アク抜けとなるか、
低調な調整モードに突入するのかに注目だ。

兎にも角にも、長期スタンスで、コツコツいくだけか。


★いつも読んでいただきありがとうございます。
現在20位↓毎日参考にしています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
 
| インデックス投信積立 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
インデックス、トータルでプラ転
今月は、NKは勿論、NYダウが回復傾向だったので、
プラ転するような気がしていたが、
インデックスも株式が目覚ましく回復して、
トータルでプラ転した。

<2015/10/31>


<2015/10/03>


年前半は、この先ずっとプラスで推移すると思っていたが、
現時点では、新興国株式はしばらくマイナス圏で推移しそうだ。

今年から追加した、ニッセイ外国株式もマイナスだが、
こちらは、先進国市場の回復でプラス浮上するだろう。

このブレブレなカンジは、やはり、
今の水準がまだまだ安定的な水準ではない証拠だろう。
基準価額が右肩上がりに上がり続ければいいが、
上がって、下がってだと、
月内でたまたま上がっているときに買ってしまうと、
ダメージがデカくなるという気もしてきた。

まぁ、長い眼でみれば、平均化されていくのだろうが、
一年間の中に、8月とか9月のような、
低パフォーマンス月があるように、
一ヶ月の中にも、高低があって、
高いときに買う設定になっていると、確率としては、
横ばいのはずが、大きくマイナスっていうこともあるだろう。

やはり運が大事だとも思える。

それにしても債券の値動きは本当に地味で、
ある意味、安心できる。

★いつも読んでいただきありがとうございます。
現在25位↓毎日参考にしています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 
| インデックス投信積立 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>