★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
PF状況 07/27終値時点

今月も若干傷口が広がっているが、

ピープルは年初来安値をつけた後、少しリバウンドしている。

 

<2018/07/29>

評価損益 +1,951,500 (7/01比 -58,500)

 

 

前年末比では、−139.6万。。

 

損切りは機械的に手早くというセオリーは

1年くらいの投資期間でみるなら正しいと思う。

今期の不信を

今期のうちに回復できるケースはまずないからだ。

 

ただ、自分の投資経験から言って、

財務優良株を中心に買っていることもあって、

「あのとき悪材料で売るんじゃなかった」

というケースの方が圧倒的に多い。

株価は景気によっていずれ戻るものだから、

黙って配当を受け取っていればいい

(ただ、戻らないケースもある)。

 

国際インデックス投信とあわせて取り組む、

長期の個別日本株投資であるなら、

配当や優待がどうこうというよりは、

10年後に株価が2〜3倍になる成長株を

発掘することを心掛けるべきではないか?

 

今は仕込む時期ではないが、時期がきたら、

そういった視点を重視して、

銘柄選択しようと思っている。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

 

 

| 【株】闘記録(実践) | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
PF状況 07/01終値時点

今月はピープルが大崩れ。

今週一気にマイ転した。

清算して全世界投信の積立資金に充当しようか迷っている。

 

<2018/07/01>

評価損益 +2,010,000 (6/01比 -311,000)

 

前年末比では、−133.8万。。

 

ただ過去に、粘り強くホールドせず、

損切りしたことを後悔するパターンがあった。

投信積立資金が枯渇しているわけでもないので、

当面は放置しておこうと思う。

 

日本株の投資枠が大きく拡大することはないだろう。

軸足は徐々に投信積立に移ってきているのは確かだ。

 

ちょっといいニュースとしては

夢真が優待を始めたということ。

エプコ同様、株数に応じた優待ということで、

長期投資するモチベーションにはなると思う。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘記録(実践) | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
PF状況 06/01終値時点

今月は少し下がったが、

配当も入っているので、

感覚的にはトントンくらいかと思う。

 

<2018/06/01>

評価損益 +2,321,000 (4/30比 -53,000)

 

前年末比では、−102.7万。。

 

国際インデックス投信の方も

回復傾向が途切れて若干危ういところ。

 

米朝首脳会談がうまくいくか?

世界は今そこに注目していると思うが、

自分はW杯が始まることに関心が集まってきた。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘記録(実践) | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
PF状況 04/30終値時点

ほとんど前月末と変わらない水準だが、

配当もらいながらキープし続ければ、

銀行預金などよりは遥かに成功したことになるだろう。

 

高配当株中心でそれほどリスクもとってないから

まぁいいだろうという状態のまま、あと30年いけるか?

 

<2018/04/30>

評価損益 +2,374,000 (3/30比 +20,500)

 

 

いや、前年末比では、−97.4万。。

全然ダメだった。

今年はこのままいくのか?巻き返し局面が来るのか?

 

正直全くわからないが、今このときの感覚としては、

北朝鮮の地政学的リスクが緩和されたことや、

アメリカの景気回復を背景に

世界経済は緩やかな回復局面に向かってきたように思う。

 

国際インデックス投信の方も今月は堅調で

緩やかなリバウンド基調が続いた。

 

一方、

日本ではモリカケ問題を引きずって国会審議が空転、

政治が機能しない状態が常態化しており、

それを連日テレビ放送しているのをみると、

この国の未来は暗いとしか思えない。

 

10〜20年後、今より更にじじいになってからも

同じような感想を述べてそうな気がしてならない。

 

「国は低迷してたけど、自分は遂に自分になった」

と言えるシナリオを描いていきたい。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘記録(実践) | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
PF状況 03/30終値時点

先々週底が抜けた印象があり、

先週は暴落が加速すると思いきや、

北朝鮮情勢の緊張が緩和されたとかで、

全体的にマイルドながらリバウンドした。

 

配当権利獲り・落ちなどのイベントも消化し、

ここから反転していくのか、もう一発くるのか

今週も目の話せない展開が続きそうだ。

 

<2018/03/30> 

評価損益 +2,353,500 (3/2比 -405,500)

 

国際インデックス投信の方も堅調。

個別株以上に下げがきつかったのが、

リバウンドは鈍そうな、嫌なムードが漂っている。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】闘記録(実践) | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/128PAGES | >>