★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
任天堂を買い目線で診る
任天堂については過去に何度か記事にしたが、
概ねネガティヴな評価だった印象がある。

任天堂スイッチが発表になったときも、
任天堂以外のソフトには期待できず、
WiiUまでの失敗が全く改善されてないと思った。

スプラトゥーン2もローンチに合わせられず、
敗色濃厚と見ていたが、蓋を開けるてみると、
Wiiを超える滑り出しで、増産が決まったという。

去年、ゴジラやアニメ映画が大ヒットしたり、
ここのところ娯楽に対する消費マインドは
回復傾向にあるように思う。

Wiiがヒットしたときのように、
株価が8万円近く上昇する可能性も無くはない。

ただ、ポケモンGOでは肩透かしを食らっているし、
株価上昇のメカニズムはそう単純ではない。

また、より根本的なところで、
スイッチがヒットするかどうかは、
やはりソフトの質に依存すると思う。

ソフトがたくさん出るに越したことはないが、
サマナーズウォーを未だにやっているように、
数よりも質が重要なのは間違いない。

自分がやりたいソフトがあるか?
それは意外に重要な物差しになると思う。

正直マリオはもう飽きたし、
今更ゼルダをやりたいとも思えない。
スプラトゥーンには若干期待したが、
課金が必要になると聞いて、一気に冷めた。

ただ、今日はNKが400円(2%)以上下落している中、
1000円(4%)以上上昇で27405円。

波乗りゲームに参戦したくなってくるが、
他人と同じでは株闘には勝てないと思う。

今日は持ち株のエプコがストップ高したので、
特にそう思う。
自分のペース、自分のプラン、自分の趣味で
粘り強く続けることを第一に考えると、
今さら任天堂に乗るのはイケてない気がする。

ただ、とかなんとか言っておいて、
1ヶ月後にPFに入っている可能性も否定できない。

| 【株】闘記録(実践) | 19:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウェッジの叩き売り

すぽさんブログ評価4.5の高成長期待銘柄、
ウェッジHDが叩き売られている。

何か不正があったのか?
単にわかりづらかっただけなのか?
タイ当局からあったという指摘が
どの程度のペナルティになるのか?

叩き売りのトリガーとなった事実について
正確なところは抑えられていないが、
この売られ方をみるに、
「期待が先行し過ぎていた」のは間違いない。

PCデポのときは割と迅速に記事をアップしていた
すぽさんが現時点で何もコメントしていないのが、
かなり気になっている。

日経マネーで連載が始まっていたこともあり、
今回の衝撃は、すぽさんのポートフォリオ以外にも
影響を与えている可能性が高い。

正直、メシウマ感はあるのだが、
すぽさんブログは絶対に続けて欲しい。

今回の件で改めて実感するのは、
ハイリスク・ハイリターンという、超基本的なことだ。

頭では分かった気になっていて、
対策も打たれているように思うのだが、
現実に大地震が起きて、津波がきたら想定を遥かに超えていて、
大惨事に至る。
大惨事は誰も経験したことがなく、大混乱になる。
更に原発がメルトダウンして、影響は計り知れなくなる。
6年前にはそんなことが現実になろうとは、
誰も想像しなかっただろう。

ただ、現実は、想定を余裕で超えてくる。

そして当然のように、現実としてそこに居座る。

リスクをとらないのはリスクだが、
リスクに対してオフェンシヴに動くのは
投資ではなくギャンブルな気がする。

戦術やスタイルの問題なのかもしれないが、
やはり基本は守備なのだと思う。

守備の安定無くしては、勝率の安定はない。
マーケットは甘くない。
プロになればなるほど手堅くいくものだ。

それでも、パフォーマンスの向上を志向するのが投資家だ。
今回の件も、一時的なメシウマ、
ディフェンス重視の方針の徹底に繋げるだけで
終結させるのはもったいない気がする。

PCデポのときのリカバリに学んだように、
何か、今後にプラスになることを学べるように思う。

ウェッジについては事前に議論が過熱し過ぎていた。
FPGも似た感じだったと思うが、
前夜祭が想像以上の盛り上がりをみせたら、
その時点で撤退に動くべきなのだと思う。

みきまるさんも、投資の王道としてツイートしていたが、
他人と同じ行動パターンを基本避け、
誰も注目していない段階で仕込みを済ませ、
注目が集まってきたら降りるのが理想だ。

よって、発掘段階で注目が集まっているような銘柄は
対象外にすべきだ。
例外はいくらでもあるが、
傾向的に、テンバガーを達成するような銘柄は、
極めて地味な顔つきのように思う。
テンバガーを達成していても尚、
知る人ぞ知るようなポジションにいる場合が多い。

戦略としてまとめると、
個別株投資でハイパフォーマンスを狙う場合、
注目銘柄・人気銘柄の類いは対象外で、
地味で誰も気づいてないような銘柄に
大きめに張り込む。


ただ、当然外れる可能性も高いから、
DAIBOUCHOUさんやきびなごさんも書いていたように、
基本は、インデックス投信の積立や、
高配当株の分散投資に比重を置くのが手堅いと思う。

続きを読む >>
| 【株】闘記録(実践) | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
慌てず騒がず
ピープルが配当予想を80〜82円と開示した。

前期実績90円からの減額を受け、
株価は10%ほど下がり、2000円近くになった。
配当利回り4%を意識して下げ止まるか、
成長鈍化とみて更に下落するか、
どちらの可能性も残るが、
現時点では大きく反発する気がしない。

ただ、自分の買値は1000円以下だ。
NISAが始まった年に100万円で買えるだけ買った。
単純に配当性向100%はおいしいと思ったのだ。

その年度の決算期、相次ぐ上方修正の後、
45円配が決まったとき、
株式投資において珍しく成功を感じた。

インカムゲインを狙って始めた投資なのだから、
バタバタ騒ぐことはない。

ひたすらホールドして高配当を貰い続ければいい。

少し陰りが見えたくらいで清算していたら
長期投資など成立しない。
若干の上げ下げを許容しながら、
虎視眈々と成長の軌跡を追うしかない。

経験的には高配当の優良銘柄は、大きく下げても、
ホールドしていれば、いずれ高値をとる可能性がある。

BPカストロール や
コーエーテクモHD 辺りがそうだ。

売ったことを激しく後悔している。

地味でも高配当・好財務は、いずれ報われる。

PFの今年の運用成績がマイ転しそうだが、
そんなものは全く関係ないことだ。
それとこれを一緒にするから失敗するのだ。

それがわかっていても不安なら、
それはポジションのとりすぎである。
ポジションを落とすか、リバランスすれば、
落ち着きを取り戻せるだろう。

ただ、主力をコロコロ変えて
結果を出すのは難しいだろう。

長い目でみれば、立ち回りの巧さより、
腰の座り具合、本気の度合いが問われているはずである。
| 【株】闘記録(実践) | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
株闘2017開始

トランプがツイッターで言いたいことを言っている。
あと一週間かそこらでアメリカ大統領になる人間の

影響力は凄まじく連日ニュースになる。

全く馬鹿げた話だ。

相場はご祝儀相場の様相を呈している。

NKは初日に上げすぎたせいか、足踏みしてるが、
PFは堅調で連騰中だ。

あほくさい話だが、
既に去年の配当込みの含み益を上回った。

石橋を叩いて渡る慎重派なら、
トランプの大統領就任前に手仕舞うかもしれない。

ただ、自分はもう悟った。
自分には成長株を発掘する才覚や、
テクニカルに利鞘を抜く技術はないし、
相場というのは基本読めないものなのだ。

中途半端な成功体験によって、
ただのラッキーを実力と勘違いすることの方が、
ショック安に直撃することより余程危険だと思う。

相場には5〜10年くらいのサイクルがある。
今起こっていることは、常に一時的なことだ。

ショック安に直撃してきたからわかるが、
現物でまともな銘柄を買っていれば、そのうち戻る。

精神的に堪えきれなくなって、投げ売りしたり、
戻り売りしたりしなければ、今頃は。。
ということの方が圧倒的に多い。

EIZO(旧ナナオ)
太陽HD(旧太陽インキ製造)
東京応化工業
BPカストロール

あたりは何故売ってしまったのか?

メンタルが弱かったからというよりは、
先行きの読めない世界経済界情勢、
不透明リスクを回避しようと思ったのだ。

だが、投資というのはそもそも
そうした不透明リスクに投資しているのだ。
世界恐慌のようなイベントは
皆が等しく乗り越えるしかない。
自分だけ回避して儲けようというものではないのだ。

そうしたとき、
インデックス投資という選択は堅いと思うが、
趣味としては、面白味や旨味に欠ける。

個別株への分散投資と半々でやる
今のスタイルは悪くないと思う。

そもそも投資は余裕資金でやってるし、
半分はインデックスで安定してるのだから、
個別株の方もひたすらホールドしたらいいと思う。

ただ、東芝のように決算を粉飾するような
大企業はダメだ。清算するしかない。

不正を働く企業は根本的なところがダメだ。
企業のイデオロギーといってもいいだろう。
大企業であればあるほど、修正は容易ではない。

ダメだと分かっていたものを放置して受けた損失は、
金額以上に精神的に大ダメージになる。

綺麗事ではなく、道徳的に正しいことが大体正しい。
道徳的に正しいことを自然にできるよう精進したい。

| 【株】闘記録(実践) | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年の目標

新年明けましておめでとうございます。

今日、近所の神社で大吉を引きました。

 

大吉YEARはじまる!

大吉といってもそう景気のいいことは書いてはおらず、

極めて地味な内容だったのですが、

それがリアルなカンジで、滋味深く、

具体的な今年の目標を考えてみたくなりました。

 

サラリーマンを継続する前提で、

分かりやすく、現実的なところを設定してみました。

 

【資格】

 

 1.システム監査技術者(AU)

 2.TOEICスコア600点

 3.システムアーキテクト(SA)

 

1.と3.は情報処理技術者試験です。

論述系は自信があるので一発合格を狙います。

3.はITサービスマネージャ(SM)も考えましたが、

苦手意識を振り払って、過去数回不合格の

システムアーキテクト(SA)に挑むのが、

システムエンジニアの王道という気がしてきました。

 

2.のTOEICは受けている人からすると

低すぎる目標かもしれませんが、

自分は長い間英語を敬遠してきたので

一段ずつ確実に行こうと思います。

 

1〜3.の順で価値を認めていますが、

時期がズレてるので、優先順位を考えずに、

攻略に打ち込めるプランです。

 

 

【ブログ】

 

もう一つブログつくる構想がありましたが、

既にノリでつくって更新してないブログがあるので、

考えを改めました。このブログに詰め込みます。

 

 1.株闘漫義の記事を12回以上UPする

 2.情報処理技術者試験の攻略記事を連載する

 3.インデックス投信積立の記事を月1回UPする

 

ブログは内容以上に更新することが大事と考えています。

とりあえず記事があれば、後々編集し直したり、

別ブログにしたりして、質の向上を図ることが出来ますが、

最初から記事の質を意識すると、経験的には、

更新頻度が減り、記事自体が増えていかなくなるものです。

 

このブログの現状をみると、カテゴリがバラバラで、

我ながらに、整理されてないと感じますが、

そのバラけ具合が、自分の個性とも思えます。

 

1.が自分のやりたいことに一番近いのですが、

うまいフォーマットに落とし込めず、

ずーっと停滞しています。

ただ、ツイッターなんかでやってる人をみて、

エッセイ漫画というのは、画質より内容で、

大学ノートにボールペンで書いたのを撮影して載せたって

十分成立するものだと思えてきました。

前述したように、とにかく質より量でやります。

 

2.の記事は、【ビジネス・資格】のカテゴリでやります。

自分以外が理解できるレベルでアウトプットすることで、

自分の学習の整理と、モチベーションアップを主目的に、

どこかのだれかの役に立てばいいなと思っています。

 

3.はサボりすぎました。

パフォーマンスが渋いのと、変化が乏しいのが原因ですが、

月1で続けて、後から振り返れるようにしたいと思います。

 

 

【投資】

 

・現状の保有株をホールドし続ける

 

トランプ相場で荒れそうですが、

かつて見限った銘柄も、現在それなりに回復しているため、

自分の売りアクションは、ただの心の迷いと悟りました。

基本売買せず、配当と優待を黙ってもらうのが、

本来の投資というものではないかと思います。

 

口だけで、実際に株価が乱高下したら、

すぐに撤回しそうなことを言ってますが、

ライブドア以降のショック安を全てくらい、堪えています。

今も結構な額を入れてますが、基本、静観するつもりです。

 

 

それでは今年も一年頑張ります。

 

 

| 【株】闘記録(実践) | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/122PAGES | >>