★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 (JUGEMレビュー »)
ITのプロ46,三好 康之
参考書はこれ一冊で一発合格可能。
詳しくは【ビジネス・資格】記事で。
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
やっくん死す
桜塚やっくんが交通事故で亡くなったらしい。

最近TVでもみなくなり、特にこれといったつながりもないのだが、
敢えて言うと、毎週通っているラウンドワンのキャンペーンで、
当時CMに起用されていた、彼のストラップをもらったことがある。

やっぱり、やっくん。しっかりした作り込み。

彼の死から、思い起こされたのは、

 ブラックスワンは、結構な確率で舞い降りるということと、

 「えぇい、打ち所が悪いとこんなものか!」という
 クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)の言葉だ。

面倒くさいので説明やら詳細は省くが、要約すれば、
「人生は案外脆く、儚い。絶対などない」ということだ。


個人的には、人が生まれてくることや死ぬことは、
自然の仕組みの中にただ在るだけの事象で、
それに意味はないと考えている。

ただ、「何故生きるのか?」ということに気付いたとき、
人生に意義を見出せるよう、生きようと考えた。


具体的には、

 日常生活のどんなささいなことでも、楽しもうと心掛ける。

 後悔しないよう、自分の判断で、自分の思うようにやる。

 思うようにやる分、それなりに責任を持つ。

といった、割と普通のことだ。

でも、少し視点を変えると、
割と普通のことに意義を見出せるというのは、
すごくいいことのように思える。


桜塚やっくんのご冥福をお祈りします。
| タレント | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
眞鍋肖り停止の件
このたび、人気株ブログの相次ぐ閉鎖に影響された部分もあり、
眞鍋かをりに肖る(ブログのコメントをTBする)のをやめることに致しました。

カテゴリごと削除してしまいたいところですが、
折角整理されている記事をバラすのもよろしくないので、
カテゴリ自体は残しておこうと思います。

止(や)める理由をあげますと、

 ・眞鍋かをりとそのブログに魅力を感じなくなった
 ・ブログの女王が中川しようこになった
 ・肖(あやか)らなくてもアクセスを得られるようなった

といったところです。

本当はこれを機に、テーマを株オンリーにして、
株に関するカテゴリを細分化しようとも思ったのですが、
健康のための投資である、ボウリングや、
ビジネススキルとしての、IT技術に関するカテゴリは、
ライフワークとしてのブログから外すことは出来ません。

ブログ自体を分けるフィジビリティもないため、このままで行きますが、
願わくば、ドリルダウン(カテゴリを入れ子)する機能をつけて欲しいです。

それがムリなら、大分類・中分類・小分類くらいの型でもいいです。

このようなカテゴライズ機能に関する需要はあると思います。

JUGEMさん、先駆けてお願いします

・・・眞鍋さん、今までいろいろお世話になりました

完読感謝です。応援クリック励みになります人気blogランキングへ
| タレント | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
【女子バレー】セルビアモンテネグロに逆転勝利!
最近、ちょこちょこ観てたけど、

今日は感動した

7連勝、無敗のチームに2セットとられてよく逆転したッ!

あきらめちゃいけないっていうことが、よくわかったよ。

ぼくたんのお気にの宝来選手の見せ場はあんまなかったけど、

感動した

このままメダルゲットに突き進んで欲しい。

<追伸>
眞鍋かをりが昼の番宣で、注目とかいってた落合選手は出場機会なし。
・・・これって、何?

完読感謝です。応援クリック励みになります人気blogランキングへ
| タレント | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと!ちょっと!>眞鍋さん
ヒマだったら、
ボウリング、真面目にやってくれ!

モヤってるヒマがあるなら、
もう少し、ブログ更新しよーぜー!

っていうか、これからケニア戦だから、
「ケニア」って、そのやる気のないタイトルなんだよ!

まぁ、そういう「つぶやき」の連続が「ロック」なんだけどね <不明
散発でも更新頻度上がった方がいいと思う。

けど、なんかさぁ、もう少し芸能人らしくさぁ、
一般視聴者が知りえない情報とか、観察力とか発揮して欲しいよね。
「全国でみれるのかな?」って、
正直、番宣にもなってないよ。

競馬中継じゃないけど、練習風景とかみて、
「○○選手が調子よさそうだ」とか、
「こんな出来事がありました」とか、
もう少しヤル気みせてこーぜー。

・・・ぶっつけで生放送臨めたりするくらい、ユルい仕事なんだろうか?

ダメ出ししちゃったけど、世は3連休。
ダラっと楽しくいきたいので、楽しませてください。


応援クリック人気blogランキングへにほんブログ村 株ブログへ
| タレント | 18:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
加齢について考える
20代後半の女性とのコミュニケーションには気を使おうと思いました。

29の自分がいうのもなんですが、
20代後半ともなると女性は"荒んでる"という印象が拭えません。

今週、眞鍋さんのグラビアぽいもの週刊誌で観ましたが、
知名度はアップしたものの、眼つきが鋭くなって、
10代の水着グラビアと比較すると荒んだ印象を受けました。

男性の場合、
年齢を重ねると共に社会的な評価を得て輝きを増す可能性もありますが、
女性は美貌に依存する部分が多く、
年齢を重ねると共に輝きは失われていく宿命にあるような気がします。
資生堂(4911)の株が高い理由もなんとなくわかります。

女性の社会進出についての議論は、
それだけでひとつの学問となるくらい深いものですが、
個人的には、良妻賢母というイメージに向かって
シフトしていくのが、自然なのかなぁと思います。

それがいいとか悪いとか、蔑視・差別といった問題もありますが、
社会的な評価なんてことは忘れて、家族の中で支配力を増していくのが、
健康的で平和な在り方のように思えます。

眞鍋さんに結婚を薦めるわけではありませんが、
中年タレントのヌード写真集ほど、悲しい気持ちになるものはありません。

絵空事でしかないはずのTVゲームが、あんなにも楽しかったのは、
自分が健全な人生のレールにのっていたからこそなのだ
と思えてくる今日この頃です。
| タレント | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>