★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
立川一さんZAiオンラインで連載開始
すぽさんが日経マネーで連載を始めたことに驚いていたら、
今度は、立川一さんがZAiオンラインで連載を始めるという。

他にもAKIさんが日経ヴェリタスの取材を受けていたり、
相互リンクし、身近に感じているブロガーさんに対して、
スゴいスゴいと思うことが起きている。

ただ、冷静に考えてみると、
周りにそういう人が出てきて
不思議でない年齢になっただけな気もする。
フランス大統領になったマクロンさんは、同じ歳らしい。

ベゾスやザッカーバーグも別世界に住んでいるようで、
資産規模の差ほどは、経験していることに差はない気がする。
インターネットによってフラット化された世界においては、
同時代人という感覚でいいのかもしれない。

ただ、話を戻すと、今回、ろくすけさんではなく、
立川一さんが連載を持つ運びになったのは意外だった。

成長株投資で億り人という、
分かりやすいが、再現性の低そうなモデルから、
連続増配銘柄への分散投資という、
地味で地に足のついたモデルが採用されたのは革命だった。

思えば読者中心であろうサラリーマン世代は、
現実逃避したり、夢をみたくて
マネー誌を読んでいるわけではなかったのだ。

優待や配当がクローズアップされる昨今、
なかなかナイスなチョイスだったのではないかと思う。

立川さんの初回の記事を読んで、
改めて親近感がわく投資手法であると感じた。

単純に高配当を狙っているわけではなくて、
連続増配というキーワードによって、
成長株をチョイスすることで、
インカムゲインの確実性をましていること。

自分もずっと配当利回りを最重視してきたが、
ろくすけさんの影響で、ROAもみるようになった。

共通するのはインカムゲイン重視であるという点だ。

分散の広さをみても、
自分が凡人であることを認めた投資手法であると思う。

バフェットの言葉に、
「まずまずの企業を素晴らしい価格で買うよりも、
素晴らしい企業をまずまずの価格で買うことを選ぶ」
というのがあるが、これには大いに賛同する。

企業の成長性に期待しているからこそ
メジャーな大型株ではなく、マイナーな小型株を選んでいる。
そうであるなら、割安性より成長性を重視するのが道理だ。

PERやPBRを元に、割安性を重視する手法は
主力に星3のモンスターしか並べられなかった、
初級者時代の手法と認めざるをえない。

ただ、素晴らしい企業とはなんなのか?
どうすれば星4、星5のモンスターを引けるのか?

それはいまだによくわからない。
ただ、それを引けたなら、
インカムゲインの何倍、何十倍という
キャピタルゲインを手にすることができるだろう。

ただ、その流れで、レバレッジをかけるのが道理になって、
信用取引に手を出し、大損ぶっこいて、
再起不能になるリスクも倍増するだろう。

星5と信じる成長株への集中投資という投資手法は、
自分には採れない。

パクりながら、分散させながら、
ディフェンス重視で、コツコツ余裕を積み上げたい。
| 【株】闘技術(理論) | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
含み益拡大
先月はスキップしたが、
2ヶ月でスゴく改善した気がする。

NKが2万円の大台を回復したことをみても、
世界経済は連動していることは疑う余地がないだろう。

2ヶ月前「意外に堅調」と書いた、新興国株式が、
勢いをキープしたのか、保有口数の多さから大きく上昇、
先進国株式もまずまずな上に、
債券のマイナスも縮小しており、言うことなしだ。

個別株ならちょっと利食いたくなる頃合いだが、
放置する。

このまままた荒れてきても、それはそれで、
放置する。

<2017/06/04>



<2017/04/02>



前回、
「上げてるときより、下げてるとき、
特に下げ渋ってるときが、いいかんじ」
と書いていたが、まったくそのとおりで、
上げているときは、案外感動が少ない。

スポーツでいうなら、リードを広げることより、
しっかり守ることの方に注力しているからだろう。

ただ、インデックスは基本、堅守。

来月も地味な展開を期待したい。

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ



 


| インデックス投信積立 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
メリンガータ
ここ最近で一番おいしかったのは、
くら寿司がクレジットカード対応したのとあわせて、
楽天ポイントで決済可能になったことだ。

ここ数回ポイントで食事代を浮かせている。

優待で食費を浮かせる感覚がなんとなく分かったが、
実際に味わって見ると、結構普通である。

自分はそのくらいの恩恵を受けて当然の
消費を重ねてきただけのことだ。
お得感はあるが、別に得してるわけではない。

お金についても段々認識が深まってきたのだが、
全ての貸借はバランスしている。

大金を得るためにはリスクを採る必要があり、
大損する確率も増す。

ただ、そこまでして一攫千金を狙う必要があるかと言えば疑問で、
ザッカーバーグやベソスと自分の暮らしぶりには
保有資産のスケール程の差はないのではないかと思う。

百億持ってるとかいうデイトレーダーのcisさんは
スマホのドラクエにハマってるようだし、
仮に自分が百億持っていても、
とりあえず会社を辞めるくらいしか想像できない
(おそらく毎日が日曜日になる感じだろう)。

落ち着いて考えてみれば当然のことだが、
億り人になった瞬間、全てが変わるはずもない。

まずはビジョンを描く方を優先して、
ソフトランディングでも
確かな進捗が見込めるプランを練りたい。

きっとそうこうしているうちに、日々は過ぎ去る。
ただ、とりあえず会社を辞めて、
人生の夏休みに突入したら何も考えなくなるだろう。

自分の場合、試験勉強をしているときは、
受験が終わったら何をしようかと考えても、
実際に受験が終わっても何もせず、
ただ、時が過ぎ去るだけだ。

本を読んで心に何かが芽生えても、
大概、水はやらずに枯らしてしまう。

少しでも夢中になれそうなことがあれば、
まずはやってみるのがいい。
やらないうちから、くだらないと決めつけるよりは
やってみて、やっぱりくだらなかったと言い、
それを繰り返すうちに、自分が面白いと思うものを
創ってみようという気になるかもしれない。

少し寝ぼけたことを思いついた。

別の世界ではそこそこ名の知れたアーティストになった自分が、
何故かこの世界ではサラリーマンをしている。

トランプが大統領になった世界は案外悪くないと思うから、
この世界で自分が変わるのがベストなんじゃないかと思う。
| 仕事と幸福、そして、人生について | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
豊かな日々への階段を
トランプ政権がロシア政府とグレーな関係にあるとかないとか、
スキャンダルにつけこんだ空売りが仕掛けられ、
実際に株価は下げる。

正直者が馬鹿をみるというのは間違いで、
勉強不足、経験不足、想像力不足、
そうした事態に対処する力不足が原因だ。

株の勉強を毎日しなければいけないというわけでもない。
リスク資産を持たないという選択もある。

ただ、個人的には、
リスクを警戒するあまりリスクをとらないこと、
そうした姿勢自体は大きなリスクだと思う。
「避けて通る人生なら論外」という認識だ。

ただ、基本的に自分は怠惰な生き物だ。
面倒くさいことはできるだけやりたくない。

株の勉強は面倒くさいだろうか?

資産が増える喜びを味わえば、楽しいはずだ。

インセンティブによってモチベーションを高め、
勉強を習慣にできるシステムを作るのだ。

自分は独創的な個人技で道を切り拓くことを夢見ているが、
それはきっと、ホームラン王や
スリーポイントシューター、
フリーキックのスペシャリストに憧れる子供と同じだ。

花形ではあるが、ゲームの構成要素の一部に過ぎない。

しっかり守備を固めたり、パスを正確に繋いだり、
地味で基本的なことの積み重ねと、
精度の向上が、花形部分を輝かせるのだ。

ストップ高とか、テンバガーとか、
確かに華があるし、羨ましい限りだが、
それは自分じゃない。
他人の芝だから余計に青く見える。

誰しも悩みを抱えている。
ホームランは多いけど、点とられ過ぎとか、
ストップ高の翌日にストップ安とか。

サラリーマンなら安定的な収入とか資格とか、
ビジネスなら安定的な需要とか
ストック型のビジネスモデルとか、
スポーツなら絶対的な勝ちパターン。
まずは安定感を高めるのが基本だろう。

そうした状態を意識して、行動して、
結果が出てくると、どんどんやりがいが出てくる。

目標に向かって、地味な日々の積み重ねを楽しめるようになる。

しばしば行動が伴わず、
サボりまくってしまうことがあるが、
それはきっとインセンティブが足りてないから。

自分は怠け者だが、文や絵を書くのは好きだ。
ブログを書いたり、ツイートしたり、
他人のブログを読んだりすることで、
自分が本当にやりたいこと、
自分がなりたい姿のイメージを更新する。

イメージして行動すれば、確実に変わる。
自分が無理していると感じたら、休もう。
原因を考えて、軌道修正するのもいい。
ゴールにたどりつくためにはマイペースしかないし、
ゴールを決めるのは自分だからだ。
| 仕事と幸福、そして、人生について | 20:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
サラリーマンSEが求めるブログの検討2

このGW中の成果物とでもいえようか。

 

また新たなブログを立ち上げた。

 

サラリーマンSEの勉強ブログ

 

サラリーマンによる、サラリーマンのためのサイト。

みんなに求められる、人気コンテンツ。

みたいなのを夢想していたが、結局こじんまり纏まった。

 

これまで続かないブログを立ち上げ続けてきた経験から、

ブログというものは、WebLogなわけで、

「続けられるフォーマット」であることが最重要と認識した。

 

「観られる」「みせる」ということも意識したが、

人の嗜好はそれぞれだし、

「他人に合わせて面白いものを創ろう」という発想で、

面白いものが創れるわけがない。

 

自分が面白いと思うことを続けること、

そんなに面白くなくてもいいから続けること。

 

ブログの読者の立場からすると、

立ち食い蕎麦屋のように

「やってること」「続いてる」ことの方が大事だ。

 

面白いのを求めるんだったら、

ゲームなり映画なり、いくらでもあるわけで、

地味な他人の営みとか、少しためになる情報とか、

立ち食い蕎麦的な地味なのを求めているのだ。

 

漫画は自分がなんとなくやりたかったが、

逆の立場だったら

「別に漫画を読みに来たわけじゃない」

と思う気がするので、

フォーマットとして"漫画ありき"にするのはやめた。

 

タイトルも、客観的にはシケてると思う。

"勉強ブログ"というのも食欲をそそらないが、

"サラリーマンSE"というのも、

「サラリーマンじゃないSEなんているの?」ってカンジだ。

 

でもそれでいい。

"勉強ブログ"は抽象的だけど分かりやすいし、

"サラリーマン"とつけると、親近感がわく気がする。

 

目的もシンプル。

"資格試験の勉強のモチベーション維持"という、

至って個人的なものだ。

 

記録するとやった気になるし、達成感がわいてくる。

 

至って個人的なプロセスを公開することで、

「合格に必要な勉強の質と量って、こんなんもんなんだ」

というのがリアルに伝えられると思う。

 

対象資格は、情報処理技術者試験とTOEICに絞ったが、

ブログランキングとかをみると、

日商簿記もニーズがありそうだったが、

キャパは限られてるので、

TOEIC800点超えるまでは手は出さないでおこうと思う。

 

とりあえずまぁ、SEというからには、情報処理技術者試験だ。

いまブログランキングを観てきたが、

"全区分制覇"という野望は掲げた方が面白いだろう。

ブログランキングには既に達成してる先人もいるが、

コンテンツとしては、うまくいかない過程で、

親近感やメシウマ感も出てくるのではないかと思う。

 

久しぶりにNBAのプレーオフを観ているが、

勝負事というのは、

シビアな現実をポジティヴに受け容れるプロセスが楽しい。

 

情報処理技術者試験も、ストレスフルで、シビアで、

"クソ資格"とキレそうになることもよくあるが、

国家資格という点に、それを乗り越えるだけの価値がある。

サラリーマンSEとして、挑戦に値する資格だと思う。

 

ブログはとりあえず、

その攻略のためのツールとして使えればいいと思う。

 

| 【株】ブログ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/271PAGES | >>