★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
株闘イレブン(2017/08/10時点)

布陣は3ヶ月前から特にいじっていないものの、

守備的ミッドフィルダーという位置づけだった、

エプコ(2311)の強烈なミドルシュート(S高)が炸裂した。

その詳細はKASさんのブログ記事を読んでいただきたい。

逆襲じゃ〜!

=============================

フォーメーション:4-2-3-1

【ポジション】銘柄名(証券コード)
【GK】SMTグローバル債券インデックス(-)
【RB】日興 新興国株式インデックス(-)
【RCB】SMTグローバル株式インデックス(-)
【LCB】蔵王産業(9986)
【LB】ニッセイ 外国株式インデックス(-)
【RDM】日本SHL(4327)
【LDM】キャリアデザインセンター(2410)
【RM】夢真ホールディングス(2362)
【LM】情報企画(3712)
【CAM】エプコ(2311)
【ST】ピープル(7865)


参考『成長株銘柄研究所

ポジション配置の基本的な考え方は、
成長株(グロース株)が攻撃陣、
割安株(バリュー株)が守備陣、
配当や優待が充実していると、やや守備的位置に、
値動き(ボラティリティ)が大きいとサイドに、
GKは最も安定した銘柄が入る。

=============================
 
エプコ(2311)がストップ高したことで、
割安性は低下したため、自分の中の位置づけは、

キャリアデザインセンター(2410)と入れ替えた。

 

エプコと夢真(2362)はKASさんに影響を受けて買った。

位置づけ的には、夢真の方が成長性が高く、

攻撃的なポジションと考えていたが、

今回のことで完全に逆転してしまった。

 

長年、夢真をフラグシップとされていた

KASさんのPFでも時価評価額が逆転しており、

KASさんにとっても嬉しい誤算だったのではないかと思う。

 

布陣を変えず、じっくり守って決勝点を挙げたような

ゲーム展開には手ごたえを感じている一方で、

3ヶ月前、キャリデザインセンターを入れるのではなく、

手持ちの銘柄を買い増せ無かったあたりは、

多少発想はあっただけに、

反省材料として今後に活かしたいと思う。



★いろんなブログに出会えます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

| 【株】闘イレブン(布陣) | 17:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
密かに狙っている銘柄

ブログ記事にしておいて、

「密かに」もないが、密かに狙っている銘柄がある。

 

狙い澄まして・・・

 

いつものように、配当利回りランキングで見つけた

銘柄であるが、「あかつき本社(8737)」という

東証2部の銘柄だ。

 

株価 445円(2017/08/04終値時点)

PER 7.01

PBR 0.86

配当 20円

 

業種名:証券・商品先物取引業ということで、

景気変動に敏感そうな銘柄であるが、

高配当利回りに加えて、年二回の優待QUOカードという、

エアバッグも装備しており、

なかなか面白いのではないかと思っている。

 

浅はかな青写真としては、

とりあえず1000株くらいホールドして、優待権利キープ。

その後、ちびちびナンピンして平均単価を下げつつ、

値上がりしてきたら、利益を確定して、恩株化し、

長期ホールドを目指す。

 

そんなに「うまくいくわけないだろ!」という

声聞こえてきそうだが、小さなトライを積み上げるのが、

成功するための正攻法ではないかと考えている。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
↓毎日参考にしています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| 【株】僕の注目銘柄 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
恐るべし!ドルコスト平均法

NYダウが22000ドルを超えたので、

悪くはないだろうと思っていたが、

全ての投信が、天井圏と思っていた先月を更に更新した。

 

特に、ここ1年以上お荷物感があった、

新興国株式が、先進国株式を評価損益で上回ったのは、

少し驚いている。

 

基準価額では先進国に及ばないものの、

その分、軟調な地合いで多く口数を買えた効果が、

現れているのだろうと思う。

 

ドルコスト平均法、恐るべし!

 

<2017/08/04>

 

<2017/07/02>

 

絶対に潰れない会社と思えるなら、

個別株でも業績が不信で、株価が低迷しているときに、

コツコツナンピンしておけば報われるのかもしれない。

 

やはり、長期的な構えで、

「後から効いてくるのではないか?」という

ボディブローをコンスタントに打ち込んでおくスタイルが

自分には合っている気がする。

 

結果を求めながらも、結果に振り回されない、

精神的な安定を保ち続けられるスタンスであると思う。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
 

| インデックス投信積立 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の銘柄選定について

NKはまた20000円を割り込んだらしい。
政局も今ひとつ不安定で、この辺が山かもしれない。

最近、売買していない自分がいうのも変だが、
最近、銘柄選定の着眼点が変わってきた。

直近の傾向としては、
とにかく配当重視、安定性重視だった。

相場はいいときも悪いときもあるから、
キャピタルではなく、インカム重視でいこう
と考えていた。

最近では、インデックス投資と日本株投資の
投資総額の比率も逆転しつつあり、
近く、インデックス投資がメインになりそうだ。

安定性やインカム重視というなら、
インデックスだけでいいという気さえするし、
成長性やキャピタルを
日本株に求めるのは違う気もしている。

最近、獏と考えている新たな投資スタイルは、
高配当日本株や海外インデックス投資といった
現在のポジションはキープしたまま、
将来性のある日本株へ集中投資を追加することだ。

”将来性のある”という表現は曖昧なので補足すると、
単純にROAが高いとか、個人投資家の評価が高いとか
わかりやすい成長株ではなく、
不人気で割安に放置されている銘柄の中で、
事業素質のありそうな、
将来の社会・経済に需要が高そうな銘柄。

分かりやすく言い換えると
(なぜ最初からそう言わなかったのかは不明だが)、
テーマを先取りすることだ。

日本経済の状態からして、
このまま「割安」や「成長」といったキーワードで
日本株の長期投資をするのは危険すぎる。

最終的に、
「インデックスを買っといた方がマシだったね」
という結果になった場合、
個別銘柄への分散投資で、何を狙っていたのか?
自分で自分に説明できそうにない。

せいぜい「曖昧なカンジでやっていた」
「配当もらっていい気になっていた」
というくらいだろう。

直近狙っていたインフォコムが急騰してしまったが、
この銘柄のように、なんとなく放置されている銘柄、
別に、小型株とか新興市場である必要はなく、
世の中のニーズにあった事業を展開している企業、
そういうのを発掘したい。

発掘の方法はいたってシンプルで、
以下のようにやっている。

(殕銘柄や監視銘柄、
ご近所のブロガーさんの保有株のうち、
気になる銘柄について四季報を読む。

⊂来性があると思える銘柄の業界について、
競合他社を含めて読む。

6ス臑昭劼里Δ繊▲侫.鵐瀬瓮鵐織襪両態が、
他と違う銘柄について、IRサイトなどで
事業内容を調べる。

でIRサイトを読んでいると、だんだんと、
将来の社会ニーズや、社会のイメージが、
経営ビジョンを通じてなんとなく理解できる。

そうすると、そうした社会になったとき、
どんなものが、求められるか、なんとなく、
完全に推測の域ではあるのだが、
イメージがわいてくる。

そしたらまた、△北瓩辰討修譴魴り返す。

ガンホーやミクシィのスマホゲームでの
大ブレイクも、ちょっとアンテナを張っていれば
乗れたような気がするが、結局、後だしだ。

正直に振り返れば、世の中が、そこまで
ライトユーザ向けのゲームを欲しているとは
想定していなかった。
想定していなかったから、
ツイッターでなんとなく流行っていることが
わかった時点でも乗れなかったのだ。

投資の原点に近づいていると思うのだが、
やはり、将来どんな世の中になるのか?
社会・経済・文化について感度を高めることが
まず、大前提になってくると思う。

日本株に投資するメリットは、
日本に住んでいて、リアルな社会の状況を
知れることにあると思う。

ただ、安定を求めるだけなら、
インデックス投資だけでいいように思うし、
お小遣いや優待を受け取りたいだけなら、
これ以上、ポジションを拡大する必要はない
(拡大しすぎると、
郵便物が多くなっていろいろ面倒だ)。

今、漠然と考えていること、
日本株に感じていることは大体そんなところだ。

 

| 【株】闘技術(理論) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
歪な社会

40になった。迷いはまだある。

村上ファンドのおっさんがマスコミに囲まれて
「株主価値の向上」を訴えていた歳になった。

『生涯投資家』を読んでいると、
村上ファンドのおっさんの正義に共感しそうになるが、
空気を読まずにやりすぎたのは確かだろう。

ホリエモンにしてもそうだが、
莫大な利益をあげているというだけで、
タイホされて当然、メシウマな感情がわいてくる。

スティーブ・ジョブスやビル・ゲイツみたく、
感動的な大発明をしたのなら納得感もあるが、
ライブドアやサイバーエージェントには
そういう印象はほとんどない。

ライブドアブログもアメーバブログも
それなりに評価できるけど、
ジュゲムブログでもいいし、
似たようなサービスはいくらもあって、
感動的な発明とは言いがたい。

言葉は悪いが、割高な株価は説明できず、
虚業と言われても仕方ない気がする。

村上ファンドのおっさんも、
もっともらしい大義を掲げてはいたが、
自分からすれば外国人投資家と同じ穴の貉で、
キャッシュリッチ株をターゲットにして
大義を換金する方法を見つけただけだ。

官僚になれるほど、頭が良く、
投資のセンスもあったと思うが、
買収劇は失敗の連続で、有罪判決まで受けた。

情熱をもって仕事に取り組んでいたことは評価できるが、
同じ投資家でも、孫正義のように
事業の将来性に投資する投資家とは全く違う。

歪な構造を見つけて、それにつけ込んで儲けるやり方は、
ハイエナとかハゲタカとか言われても仕方ない。

東京スタイル、阪神電鉄、日本放送、
主要な案件のほとんどが失敗に終わったことで、
親近感はわいたが、
結局、何がしたかったんだろう?
という感じもした。

白髪になったおっさんの顔には、
人生を虚しく費やしてしまった残念さが滲んでいた。

その点、ホリエモンは生き生きしていると思う。

思うに、大義の実現よりも自分がやりたいこと、
自分がどうありたいかを優先すると、
生き生きとした人生を送れるのかもしれない。
「株主価値の向上のために!」と叫ぶより
「ケイツネなんてテキトーでいいんだよ」
と言って
事業の拡大を図る方が楽しそうだ。

バランスは考えるべきだと思うが、
自分がサラリーマンとして目指すべき姿も、
「業績達成のために!」ではなく、
「意味がないと思うことはテキトー」に、
興味のわくことを夢中にやりたい。

「ルールは絶対。こうでないとダメ」
という方向に力点を置く会社で、
決算を粉飾したり、自殺者が出たりするのは
違和感がないし、徐々に淘汰されていく流れにある気がする。

人生の一部である、サラリーマンライフを
充実させる方向は誤っていないが、
会社のために、人生を捧げてはいけない。

会社は社員のものではなく、株主のものだ。

社員は資本家(株主)に労働力を搾取される
役回りであることを忘れてはならない。

| 仕事と幸福、そして、人生について | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/273PAGES | >>