★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版
情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 (JUGEMレビュー »)
ITのプロ46,三好 康之
参考書はこれ一冊で一発合格可能。
詳しくは【ビジネス・資格】記事で。
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
SAダービー攻略開始
先週、春の情報処理技術者試験、
システム監査技術者(AU)が終わったが、
プロジェクトマネージャ(PM)、
ITストラテジスト(ST)と連勝している流れのまま、
いい感じで力を出し切ることが出来た。

午後1が少し怪しいが、
午前2と午後2は完全攻略に近い出来だった。

練習方法は前回までに書いたとおりだが、
練習量は当初の計画より若干少なかった。

 午前2:過去問直近6年分(150問)
 午後1:過去問直近6年分(21問)
 午後2:過去問精選9問

午後1も2も問題集の掲載問題を全てやることはしなかった。
ある程度の量をやれば、傾向は分かるので、
模範解答と解説から、
自分なりの攻略法を練るのに時間を費やした。
「実際どうすればこの解答
(またはサンプル論文)に近づけるか?」。
午後2はオリジナル論文を一本も書かずに
本番に望んだ。
サンプル論文を適当に加工するつもりだったが、
自分の経験と合うお題だったので、
本番が初めてのオリジナル論文になった。
今までで最長の3000文字くらいになった。

午前2も過去問出まくりで余裕だった。

午後1はいまひとつ出題者の意図が読めなかった。
全問回答し、それなりに体裁は整えたが、
ヤバいかもしれない。
総合すると、午後1の練習量と質が
いまいちだったかもしれない。

秋は、これまで連敗してきた、
システムアーキテクト(SA)に再挑戦する。

今回の反省を踏まえ、メニューを見直した。

 午前2:過去問直近8年分(200問)
 午後1:過去問精選24問
 午後2:過去問精選15問

午後は組み込み系を除く、
問題集の問題を隈無くやる。

午後2のサンプル論文は論述の全文転記を省略形して、
ストーリー(論文設計)に止める。
実際、一字一句暗唱しても、本番では使えない。
ネタのバリエーションと、組み立て方を盗むべきだ。

午後1については量は3問増やしただけだが、
解答の導出プロセスを深堀りする、
復習に時間を充てる。

今回はギリギリまで解いていたが、
2週間前にはノートの作成を終え、
ひたすら復習(ノートのトレース)する計画で、
今日から攻略を開始する。

試験終了時点で必ず笑える、「必笑」体制で臨む。
| 【ビジネス・資格】 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
【Oracle】Datapumpのパフォーマンス改善
ダ・パンプだかデータ・ポンプだか正式名称は知らないが、
パフォーマンスが悪い。
今週の日本株並と言っても言い過ぎではあるまい。

exp/impユーティリティのパフォーマンス強化版らしいが、
結構不具合が多い印象がある。

Datapumpでインポート中のテーブルをselect してみるといい。
インポートもselectの検索も猛烈に性能劣化する。

排他制御が出来てないのがいけないと言われそうだが、
SQL*Loaderだったらそんなことはない。

さて、脱線してきたので話を戻そう。

データ量が大して増えたわけでもないのに、
Datapumpのパフォーマンスが落ちた、
遅くなった、重くなった、スローダウンした、
性能劣化した、よくあることだ。

ただ、ググっても誰も端的に答えてくれなかった。
インスタンスを再起動すると、
少し良くなるので凌いでいたのだが、
効き目が薄くなってきて本気で調べた。

結論としてはSGAの中のStreamsPoolという
メモリ領域の割り当てが小さすぎるのだ。

表領域に余裕があるからといって、
一つのインスタンスに複数スキーマ作ったりしてると、
そういうことになる。

領域不足のエラーが出るんで、
表領域の容量は見積もったけど、
初期化パラメータなんていい感じに
自動調整してくれると思ってた。

なんとデフォルトはゼロ。
show parameters streams_pool_size
で確認してみよう。

ゼロだとどうなるのか?
共有プール(SharedPool)の10%が割り当てられるらしい。

show parameters shared_pool_size
で調べてみよう。
自分の環境はこれもゼロ。
SGAの一部がいい感じで?割り当てられるらしい。

結論から言おう。
システムというのは所詮人間が作ったものだ。
ITストラテジストの自分が言うんだから間違いない。
パラメータ指定出来る時点で、
いい感じで調整出来ないってことだろう。

明示的に指定しよう。

alter system set streams_pool_size=10M;

SGAが2GBらしいから10MBくらい全然問題ない。
・・・
こうかはばつぐんだ!
(テスト環境は10分の1、
本番環境も3分の1に時短した)

責任は一切持てないが、
困ってる人は是非試して欲しいと思う。

自分は世界の痒みを少しでも癒したい。

ただ、参考までの備忘記録として、以下3点挙げておく。

1. alter文はすぐに返ってこない。
 割り当て容量にもよるのだろうが、
 10MBなら5〜10分は覚悟しよう。
2. alter文の結果が返ってきた後、
 show parameters で確認しても直ぐには反映されない
(どのタイミングで反映されるかは不明)
3. 10Mと指定したのに16Mになっている。
 BlockSizeみたく8MB刻みかなんかだろう。

考えてる暇があったらググるのがいい。

この記事で救われる人が居ることを願っている。

| IT (ツール&Oracle) | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジミー大西

今月はちょっと下げたが、

新興国株式が意外に堅調だった。

 

相変わらずすごく地味だし、面白くないが、

そこがいい。

投資というのはこうしてコツコツ積み上げるべきものと

個人的には思う。

 

<2017/04/01>

 

<2017/03/03>

 

不思議と、上げてるときより、下げてるとき、

特に下げ渋ってるときが、いいかんじなのだと

評価できるようになってきた。

 

来月も地味な展開を期待したい。

 


★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

| インデックス投信積立 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
任天堂を買い目線で診る
任天堂については過去に何度か記事にしたが、
概ねネガティヴな評価だった印象がある。

任天堂スイッチが発表になったときも、
任天堂以外のソフトには期待できず、
WiiUまでの失敗が全く改善されてないと思った。

スプラトゥーン2もローンチに合わせられず、
敗色濃厚と見ていたが、蓋を開けるてみると、
Wiiを超える滑り出しで、増産が決まったという。

去年、ゴジラやアニメ映画が大ヒットしたり、
ここのところ娯楽に対する消費マインドは
回復傾向にあるように思う。

Wiiがヒットしたときのように、
株価が8万円近く上昇する可能性も無くはない。

ただ、ポケモンGOでは肩透かしを食らっているし、
株価上昇のメカニズムはそう単純ではない。

また、より根本的なところで、
スイッチがヒットするかどうかは、
やはりソフトの質に依存すると思う。

ソフトがたくさん出るに越したことはないが、
サマナーズウォーを未だにやっているように、
数よりも質が重要なのは間違いない。

自分がやりたいソフトがあるか?
それは意外に重要な物差しになると思う。

正直マリオはもう飽きたし、
今更ゼルダをやりたいとも思えない。
スプラトゥーンには若干期待したが、
課金が必要になると聞いて、一気に冷めた。

ただ、今日はNKが400円(2%)以上下落している中、
1000円(4%)以上上昇で27405円。

波乗りゲームに参戦したくなってくるが、
他人と同じでは株闘には勝てないと思う。

今日は持ち株のエプコがストップ高したので、
特にそう思う。
自分のペース、自分のプラン、自分の趣味で
粘り強く続けることを第一に考えると、
今さら任天堂に乗るのはイケてない気がする。

ただ、とかなんとか言っておいて、
1ヶ月後にPFに入っている可能性も否定できない。

| 【株】闘記録(実践) | 19:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
【株闘漫義019】リアリティ

前回の更新から、1年半。

本編の続きとしては、約2年が過ぎた。

 

それにしても;

 

昔、ヤングマガジンのドラゴンヘッドだとか、

今では、アフタヌーンのヒストリエだとか、

超大作を気取った連載漫画が、

しょっちゅう休載することについて、

本当にクソだと思っていたが、次元の違う一本グソだ。

 

内容が薄く、面白くも無く、ほとんど誰も読んでない。

 

それでも、敢えて続けたい。

 

下らないとしか言われようのないことを続けた先には、

想像を超えるナニカがありそうだから。

 

 

さて、本題に入ろう。

前回の投資

(約2年前に、約300万を投資したと仮定した)結果は、

今、どうなっているか?

 

ジャーン。

銘柄名 株価 (2017/3/10終値) 数量 評価額 比率 (2015/4/2終値比)
DVx(3079) 1323 400 ¥529,200 115%
日本管理センター(3276) 1348 300 ¥404,400 77%
日本SHL(4327) 3185 200 ¥637,000 116%
CTS(4345) 740 1000 ¥740,000 164%
FPG(7148) 1139 400 ¥455,600 91%
全国保証(7164) 3695 100 ¥369,500 82%
合計 ¥3,135,700 107%

 

CTS(4345)が2分割していることを反映できたおかげで、

なんとかプラスだった。合計でプラス7%。

 

ただ、プラスだったことを喜ぶというリアクションは

正直なリアクションではないと思う。

 

結構期待していたのに、2年でたったの7%。

期待水準には全然届いていない。

 

特に、FPGや日本管理センターにはすごく期待していたのが、

まさかのマイナスである。(しらじらしい)

 

・・・超ダサい。

 

 

配当を入れれば合計でプラス10%くらいにはなるが、

それにしても寒い結果だ。

 

ここから言えることは、

 

期待は余裕で裏切られる。

 

ということか。

 

先週ウェッジHDが急落したことを見てもわかるように、

同一銘柄を長期でじっくりホールドする、いわゆる長期投資を考えるなら、

そういう派手な銘柄、今大人気の銘柄は、

対象外にした方がいいというトレンドが示されたように思う。

 

もちろん例外はあるし、投資戦略やスタンスの問題もあるから、

断定することはできないが、少なくとも自分は対象外にする。

 

逆に実際の自分のPFにも入れている、

DVxや日本SHLは地味ではあるがプラスに貢献した

(全国保証は100株にしといて正解だった)。

 

更に一年以上経過したらどうなっているか?

 

感覚的にはそう変わらない気がしているが、

新たな画の追加もないまま、次回につづく。

 

・・・というか、今年はもう少し更新したいので、

別の企画を考えよう。

 

| 【株】闘漫義(漫画) | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/269PAGES | >>