★応援クリック
↓励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 「【株】漫画」記事へ
CATEGORIES
ARCHIVES
LIBRARY
[株の本を探す]
RECOMMEND
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 (JUGEMレビュー »)
ハワード・マークス
易しすぎず、難しすぎず。
読み物でもなく、学術書でもなく。一番ためになる株の教科書かもしれない。
RECOMMEND
仕事と幸福、そして人生について
仕事と幸福、そして人生について (JUGEMレビュー »)
ジョシュア・ハルバースタム
サラリーマンなら、株の本より前に読む価値のある一冊。
RECOMMEND
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (JUGEMレビュー »)
國貞 克則
ビジネスにも株式投資にも使え、
資格試験の参考書にもなる良書。
RECOMMEND
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理 (JUGEMレビュー »)
バートン・マルキール
ファンダメンタルかテクニカルか?バリューかグロースか?そんな悩みを一気に解消。ただちょっと厚め。
RECOMMEND
敗者のゲーム〈原著第6版〉
敗者のゲーム〈原著第6版〉 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・エリス
「ウォール街のランダム・ウォーカー」以上に、インデックス投資を選択する動機になった本。
RECOMMEND
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本 (JUGEMレビュー »)
山口 揚平
分厚い洋書を読むのがしんどいなら、まずこれから。
RECOMMEND
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け (JUGEMレビュー »)
ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド
勝ち組?の思考と嗜好がわかり、読み物としても面白い。
RECOMMEND
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために (JUGEMレビュー »)
フィリップ・A. フィッシャー,荒井 拓也
訳者の訳は十分成功していたのに、監修者が余計な編集を加えたのが裏目に。内容はある。
RECOMMEND
へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
へうげもの(1) (モーニングKC (1487)) (JUGEMレビュー »)
山田 芳裕
古田織部を主人公にセレクトしたところがミソ。斬新な歴史解釈と人間観察力で、戦国ファンとサラリーマンの共感を鷲掴めるクオリティに仕上がっている。
RECOMMEND
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか (JUGEMレビュー »)
ナシーム・ニコラス・タレブ
統計情報が出てこない分、読み物として「ウォール街のランダム・ウォーカー」より読み易い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ユーティリティ・ツールの活用法だけでなく、バックアップ・リカバリやチューニングの手順などが、実務担当者の視点に立って具体的にまとめられており、ベストの名に偽りなし!DBA必携の一冊であると思う。
ルーチン・バランス

ゲームはスマホで
クラロワとサマナーズウォー。
ブログは
じっくり長期投資株ブログ
サラリーマンSEの勉強ブログ
それ以外は
ツイッター(主に株クラスタ)と
読書(主にブックオフで買った自己啓発本)。

仕事以外は大体そうやって時間を浪費している。

投資的な時間は、勉強ブログのネタの
情報処理と英語の勉強くらい。
マーケットスピードで
監視銘柄の四季報をチェックするのにも
結構時間を割いているが、
正直、投資というより浪費で、
クラロワの攻略サイトを見るのと変わらない。

売買して利益が出れば、
勉強して合格したのと同じでは?
という意見もありそうだが、
個人的に相関は低いと思う。

自分でコントロールできない要素が多すぎる。
そういうのは投資じゃなくてギャンブルだ。

好みの問題でもあるが、
着実に富を積み上げていける農耕型、
ストック型のゲームしかやる価値はないと思う。

現時点で考えうる最善の投資戦略は、
先進国株とかS&Pとか長期に右肩上がりの
インデックスをドルコスト平均法で買うことだ。
買うというか、自動で積み立てる設定にして
放置しておくのがいいと思う。

株ブームにのって情熱を注ぐのは楽しいが、
いずれ振り出しに戻ることになる確率が高い。

さて、そうなると、
その時間は何をしようかということになる。

これぞ我が人生というものに投資したいが、
なかなか見つからない。
流されまくる日々に慣れすぎてしまった。

断捨離じゃないが、
まず何かをやめてみるのもいいかもしれない。
出来れば仕事を辞めたいが、順序が違う気がする。

コレだというカードが来るまでは、
手持ちのカードでしのぐしかないゲーム。
ラットレースとは上手いことを言ったものだ。
 

| 仕事と幸福、そして、人生について | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
インデックス投信積立 2017/09/01時点

NYダウが22000ドルで頭打ちになっていたので、

もしやと思ったが、新興国株が先進国株を突き放した。

 

新興国株の2倍のウェートを占める、

先進国株が前月比マイナスというのは、若干不安だが、

世界経済は長期的には確実に右肩上がりだろうから、

気にせず放置しよう。

 

<2017/09/01>

 

<2017/08/04>

 

ミサイルや地震、政局、何があるかわからないから

分散投資をコツコツ続けるのが有効なんだろうと思う反面、

8月は個別株のパフォーマンスが恐ろしく良かった。

MyPFは年初来+15%になったが、

JASDAQ指数は、年初来+20%超らしい。

 

インデックスは配当妙味も薄いし、

優待の楽しみもないので、

やっぱ、インデックスだけで運用するのは味気ないのは確かだ。

 

ツイッターのフォロワーさんの影響で、

海外ETFのVTやVYM、HDVあたりを見てみたが、

どうなのだろう?

配当利回りは良さそうだが、

為替リスクとか、手数料といまひとつピンとこない。

 

海外ETFには定時定額積立のような仕組みもなさそうだし、

このままでいいかと思う半面、

より優れた商品は出てきていそうなので、

インデックス投資家のブログなど定期的に

情報収集しておくに越しておくことはないだろう。

 

 

★いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキング↓励みになってます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

| インデックス投信積立 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
エプコとミサイル
今週もエプコが好調でPFは年初来高値を更新している。



北朝鮮のミサイル通過もほぼ全値戻しで
為替も1ドル110円台を回復。

今日の引け後に夢真が下方修正を出したが、
減配はないらしいからガチホでいいと思っている。

で、今週なんでこのタイミングで
ブログ更新しているかというと、
上のイラストである。

長年もどかしい思いをしていたが、
今朝、twitter をみていたら、
ネット漫画の描き方があって、
これが実にしっくりくるものだった。

 1. ボールペンで紙に絵を描く
 2. CamScaner でスキャンする
 3. Phonto で文字を入れる
 4. MediBang で色を着ける

特に大きかったのは、3点。

・CamScaner と Phonto が無料アプリなこと。
・CamScaner の性能が決定的に素晴らしいこと。
・今まで使いこなせないでいた、
MediBang のレイヤー&水彩塗りの方法が
ちょっとググってみたら分かったこと。

積年の課題が一気に氷解した思いである。
これからバリバリ更新していくかは置いて、
ふくたろうさんやデイジー(ケミカル伍長)という
モデルとなる先達を参考に、
ブログの挿し絵以外にも挑戦してみたい。

基本ポジティヴな気持ちでいるが一点、
ワコムのタブレットや電子ペンは
自分には当分不要なことを確信した。
電子ペンの裾野が一気に拡大することはない気がする。
| 【株】闘漫義(漫画) | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
経験を活かさない手はない
NKは2万円を割れてから伸び悩んでいるが、
PFはエプコがストップ高した後くらいから
エンジンが掛かってきて年初来高値を更新中だ。

昨日はちょっと珍しいことに出くわした。

時差出勤でザラバを見ていたら、
OCN広域ネット障害の影響かなんかで
楽天証券にログインできなくなったのだ。

ビジネスブレイン太田昭和がストップ高とか
これまた珍しいことが起こっていたのだが、
別に売買するつもりはないので、
ツイッターでネット障害の状況を追っていた。

丁度今システムアーキテクトの試験勉強を
しているのだが、楽天証券の障害対応力は
相当難がある気がした。

SBI証券はほとんど不具合を感じさせなかったのに
楽天証券はOCNが復旧した後もなかなか復旧せず、
2〜3時間ログインできなかった。

NISA継続のためにマイナンバーを届け出ろという、
国民の資産を囲い込むための
国家戦略じゃないかと疑っているイベントがあるのだが
その機会に楽天のNISA口座は終了かもしれない。

非課税上限120万なんて、その程度じゃ
既に投資をしてる人間からしたら大したことないし、
これから投資を始めようなんて動機にもならなそうだ。

国民の金融資産を貯蓄から投資に誘導する国家戦略は、
確実に空転していると思う。

結局、投資経験の浅い日本人は、
外人にカモられるのがオチだと思う。

タイムラインには
デイトレやスイングをメインでやってる
投資歴5年以下くらいの人が多いが、
5年後には半分以上退場しているだろう。

9割が負ける相場で手数を増やのは無謀だ。
いいときもあるだろうが、
どんどん大きな博打になっていずれトぶ。

歴史は大体繰り返している。

今の状態より、先の状態に張るのが投資なのに、
ストップ高に飛びつくイナゴは死ぬしかない。

自分も愚行を繰り返してきたけど、
ニトリ、太陽HD、山田コンサルなんか
今もガチホしてたら、今頃億り人だった。

ショック安なんてどうせ一時的なものと
割り切って、下手に動かないことだ。

確実に利益を確定して、損切りして、
高低差を取れたらスゴいけど、そんなの無理だ。

「そんなことない!」

という意見もありそうだが、感覚的には
打率4割のように達成出来そうで出来ないものだ。

出来そうだから、皆トライするのだが、
9割は退場という最期を迎える。
1割は成功を得られるかもしれないが、
メンタルと時間を相当削られるだろう。

「よく調べて選び抜いた銘柄を
 ショック安で仕込んでガチホするのがいい」
というのが、
「大学には行っておいた方がいい」
というのと同じくらいの真理だと思う。

ただ、
「クソゲーで時間のムダだから止めておけ」
と言っても、
やったことのない人はやってみたいのだ。

自分も「今回は今までと違う!」と思ったし、
「もう取り返せないんじゃないか」と思うほどの
損失を抱えたこともある。

過去の愚かな記事に残っている。

多分、致命傷を負う前に気づけるかどうかだろう。

自分も人の心配をする前に、出口戦略を考えたい。
| 【株】闘技術(理論) | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
株闘イレブン(2017/08/10時点)

布陣は3ヶ月前から特にいじっていないものの、

守備的ミッドフィルダーという位置づけだった、

エプコ(2311)の強烈なミドルシュート(S高)が炸裂した。

その詳細はKASさんのブログ記事を読んでいただきたい。

逆襲じゃ〜!

=============================

フォーメーション:4-2-3-1

【ポジション】銘柄名(証券コード)
【GK】SMTグローバル債券インデックス(-)
【RB】日興 新興国株式インデックス(-)
【RCB】SMTグローバル株式インデックス(-)
【LCB】蔵王産業(9986)
【LB】ニッセイ 外国株式インデックス(-)
【RDM】日本SHL(4327)
【LDM】キャリアデザインセンター(2410)
【RM】夢真ホールディングス(2362)
【LM】情報企画(3712)
【CAM】エプコ(2311)
【ST】ピープル(7865)


参考『成長株銘柄研究所

ポジション配置の基本的な考え方は、
成長株(グロース株)が攻撃陣、
割安株(バリュー株)が守備陣、
配当や優待が充実していると、やや守備的位置に、
値動き(ボラティリティ)が大きいとサイドに、
GKは最も安定した銘柄が入る。

=============================
 
エプコ(2311)がストップ高したことで、
割安性は低下したため、自分の中の位置づけは、

キャリアデザインセンター(2410)と入れ替えた。

 

エプコと夢真(2362)はKASさんに影響を受けて買った。

位置づけ的には、夢真の方が成長性が高く、

攻撃的なポジションと考えていたが、

今回のことで完全に逆転してしまった。

 

長年、夢真をフラグシップとされていた

KASさんのPFでも時価評価額が逆転しており、

KASさんにとっても嬉しい誤算だったのではないかと思う。

 

布陣を変えず、じっくり守って決勝点を挙げたような

ゲーム展開には手ごたえを感じている一方で、

3ヶ月前、キャリデザインセンターを入れるのではなく、

手持ちの銘柄を買い増せ無かったあたりは、

多少発想はあっただけに、

反省材料として今後に活かしたいと思う。



★いろんなブログに出会えます。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

| 【株】闘イレブン(布陣) | 17:20 | comments(7) | trackbacks(0) |
| 1/273PAGES | >>